お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ボディケア

ふんわりパーマ? ミニスカート? 「春のイメチェンのコツ」

春は単に「あたたかくなる」というだけでなく、人事異動や新入社員の入社など新しい出会いの多い季節。春にイメージチェンジを試みる人も多いのではないでしょうか。そこで、働く女子たちに、春にしたいヘアやファッションと、イメチェンのためにしている努力について聞きました。






まずはヘアのイメチェンを考えている女子の意見。


■ふんわりパーマに(28歳/建築)

「春らしくふんわり系のパーマをかけようと目論み中です! ただ、自分がしたい髪型にするには長さが少し足りなそうなので、友人に聞いた髪が伸びるシャンプーを使ってます」


せっかくのイメチェンだから、自分のもっとも望む髪型にしたいもの。「そのための努力は惜しまない」……女の鑑です。


■思い切って髪色を大胆カラーに(25歳/旅行)

「これまでカウンターの接客でしたが、この春から事務に異動が決まったので、黒髪から明るい髪色にイメチェン予定です! 長年黒髪だったから、少しドキドキしています。後輩もできるので、明るい印象をつけたい(笑)」


髪の色だけでも、随分と印象が変わるもの。とはいえ、派手すぎると上司の目にとまってしまうので、どのラインまでOKなのかを模索中だとか。


次に、ファッションを春っぽくしようとしている女子たちは……


■明るい色へシフトチェンジ(27歳/IT)

「冬は落ち着いた色の服ばかり着ていたら、『黒系の色が好きなの?』と言われました。そういうイメージがついていたのか! と思い……春は明るいカラーのファッションに挑戦します。ちょっとずつ買い集めた春服を、早くフル活用したい」


新調した服に身を包むと、なんだか気分が晴れやかな気分になりますよね。


■スカートの丈を短めに(26歳/出版)

「これまでロングスカートをはくことが多かったのですが、暖かくなったら膝丈orミニスカートにしたいと思います。足が引き締まるように、毎晩リンパマッサージをしています」


ロングスカートやブーツで隠れていた足元も露出の傾向がある、春。むくみ対策は必須!?


「冬は隠れていた足にも、春は気を使いたい」という意見も……


■足の指先も春色にしたい(31歳/医療)

「冬はブーツばかりはいていましたが、暖かくなったらミュールをはきたいので、ペディキュアをしようと思っています。春っぽくパステルカラーにするのもいいかな」


足の先まで気を抜かない女性って、洗練されているイメージ。


■肌色ストッキングや生足に(24歳/不動産)

「冬にヘビロテした黒タイツは飽きたので、春は肌色ストッキングをはきます! 暖かくなったら生足もあり得るので、むだ毛やガサガサの肌はもってのほか。除毛をしっかりして、ボディクリームをたっぷり塗ってきれいな素足になりたい」


ツルツルの肌で、生足美人を目指したいですね。


ほかにも、「職場ではほんのりピンク、私服のときはカラフルアイカラーの、『春メイク』にするつもりです」(27歳/公務員)など、メイクに関する意見もありました。


春は脱皮の季節!? それぞれ、イメチェンや春ならではのファッションをしようと考えているようです。みなさんは、この春どんなファッションやイメチェンを予定していますか?


(栗本千尋+プレスラボ)



■関連リンク
【escalaファッション白書】彼氏の好みに合わせて服を選んだことがある?
【働く女子の実態】「かわいい系」VS「セクシー系」、男性にモテるのはどっち?
【働く女子の実態】どうしてる? 働く女子のアフター5のオシャレ術

お役立ち情報[PR]