お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

49話 ムリのある関係


誠は沈んだ顔で言った。
「スイーツって1人で食べてると、ちょっと寂しいんだよね。
これおいしいね、って共感しあえる相手がほしくなるっていうか」
気持ちはわかる。私は黙って聞き続けた。
「さっちゃん、最初のころはカフェとか一緒に行ってくれたけど。
最近忙しくてなかなかデートできなかったし。
スイーツは肌荒れするから食べたくないっていうし。
香里奈ちゃんのおかげで、寂しさを感じずにいられたんだ」
胸が痛んだ。誠に寂しい思いをさせていた罪悪感と、
香里奈ってコへの嫉妬が、私の胸をしめつける。

「でも、好きな人に嫌な思いをさせてまで、
自分の楽しみを優先するなんて、間違ってる気がしてきた。
だから、まずは香里奈ちゃんに会ってもらって、
変な関係じゃないって安心してもらうのがいいかなって思ったんだ。
それでもまだ嫌だっていうなら、香里奈ちゃんと会うのはやめる」
そう言われて、複雑な気持ちになった。
だってこのコに会わなくなったら、誠が寂しい思いをするか、
私がスイーツの食べ歩きに付き合うってことになるんだよね。
どっちかがムリをしなきゃ、成り立たない関係……。
ムリをしないと続かない付き合いなんて、うまくいくはずがない。

そのとき、携帯にメールが届いた。菱山さんからだった。
話の最中だったけど、気になってメールを確認した。
『大丈夫? 元気になったかな?
今度はちゃんとデートに誘ってもいいですか?』
芦田さつき(28)
輸入販売会社の事務員から新規事業のアシスタントに。
春野誠(30)
さつきの彼氏。公務員。趣味は料理とスイーツの食べ歩き。
菱山謙司(30)
コンサルタントとして派遣され、新規事業立ち上げの責任者に。
川口結実(26)
さつきの後輩。かわいくてモテるが、なかなか恋人ができない。
相原香里奈(22)
スイーツ好き。誠と仲がいい。

お役立ち情報[PR]