お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

44話 会って話したい


菱山さんの部屋番号は覚えていないけれど、12階だった。
でも、こんなに朝早く女性が尋ねてくる約束があるなら、
私に『コーヒー飲む?』なんてのんびり訊いたりしないよね。
そう考えて、ホッとしている自分に気づいた。
やっぱり私は菱山さんのことを好きなのかな?
もちろん好きじゃなきゃ、キスなんてしない。
でも、誠のことを失いたくないとも思っている。
はっきりしない自分の気持ちに戸惑う。

こんなのってダメだよね。ちゃんと誠と答えを出さなくちゃ。
誠があのコとの縁を切って、私とやっていこうと決意する
可能性だって、ないわけじゃない。
もし誠がそう思ってくれるなら、菱山さんを心から追い出そう。
もし誠があのコを選ぶなら、受け入れて、誠をラクにしてあげよう。
そう心に決めた。

その日の夕方、誠からメールが届いた。『明日、会って話したい』
誠らしくない、テキストだけの、そっけないメール。
それがかえって、誠の『話したいこと』の深刻さを感じさせる。
——本当に別れるつもりなんだ。
イヤ。そんなのイヤ。やっぱり私、誠と別れたくなんてない。
別れを受け入れようなんて決心は、どこかに吹き飛んでしまった。

翌日、重い気分をかかえたまま、誠に会いに出かけた。
約束の場所へ行くと、誠の隣にあのコが座っていた。
芦田さつき(28)
輸入販売会社の事務員から新規事業のアシスタントに。
春野誠(30)
さつきの彼氏。公務員。趣味は料理とスイーツの食べ歩き。
菱山謙司(30)
コンサルタントとして派遣され、新規事業立ち上げの責任者に。
川口結実(26)
さつきの後輩。かわいくてモテるが、なかなか恋人ができない。
相原香里奈(22)
スイーツ好き。誠と仲がいい。

お役立ち情報[PR]