お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

37話 許せない存在


誠の質問には答えずに、重ねて訊いた。
「ねえ、あの赤い花柄のカップって、このコがくれたの?」
「そうだよ、よくわかったね」
「なんで、そんなこと訊くの?」
と誠に言われて、今度は正直に答えた。
「誠のフェイスブックに、このコが書き込みしてるの見たの。
誠のこと『仲良し』って書いてあるのを見たら、そんな気がした」
そこから何を言おうかと考え、口ごもった。

それは本当にただの友情なの?
心の奥では、惹かれあっているんじゃないの?
誠への疑いの気持ちが、どんどん膨らんでくる。
誠が他のコに惹かれるなんて、許せない。
自分だって菱山さんに惹かれているけど……。
でも、やっぱり、この香里奈ってコの存在は許せない。
だって私は菱山さんと仕事以外で出かけたりしてないもん。

私は嫉妬と怒りを抑えきれず、強い口調で言った。
「誠はこのコのことをただのスイーツ仲間だと思ってるけど、
このコもそうだとは限らないよ。誠のことを好きかもしれない。
前も言ったけど、このコと2人で会うのはやめて。
それができないなら……私と別れて!」
感情的になって、とっさに『別れて』なんて言ってしまった。
どうしよう……。
言ってしまった後に、言葉の重大さに冷や汗が出た。
芦田さつき(28)
輸入販売会社の事務員から新規事業のアシスタントに。
春野誠(30)
さつきの彼氏。公務員。趣味は料理とスイーツの食べ歩き。
菱山謙司(30)
コンサルタントとして派遣され、新規事業立ち上げの責任者に。
川口結実(26)
さつきの後輩。かわいくてモテるが、なかなか恋人ができない。
相原香里奈(22)
スイーツ好き。誠と仲がいい。

お役立ち情報[PR]