お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

35話 恋しちゃいけない


ホテルの部屋の入り口で見つめあったときのことを思い出した。
あのときと同じように、何かを期待するような、
進んではいけないと躊躇するような、複雑な気持ちがわいてくる。
突然、菱山さんがふっと笑顔になった。
真剣な仕事の話のあとに見せる、あのやわらかいほほ笑み。
無条件で心が惹きつけられてしまう。
「前の同僚たちが近くで飲んでるんだ。金曜だからね。
情報交換のついでに、紅茶サイトを告知してくるよ」
ホッとした。女性に会いに行くんじゃないんだ。
だけど、どうして? 
どうしてわざわざ私に言い訳のような説明をするの?

電車に乗ってからも、菱山さんのことが次々と頭に浮かんできた。
『芦田さんこそ、いつも僕をワクワクさせてくれてるよ』
『芦田さん、彼氏はいるの?』『その彼氏は幸せだね』
思い出すたび、嬉しさと苦しさが押し寄せてくる。
ああ……この落ち着かない思いを消し去りたい。
菱山さんはただの上司。恋なんかしちゃいけない。
誠のことだけをちゃんと愛したい。

誠のことで頭をいっぱいにして、菱山さんを心から追い出したい。
そう思って、久しぶりに誠のフェイスブックをのぞいた。
すると、気になるコメントを見つけた。
『誠くんともっといろんなお店に行きたい♪』
あの赤い花柄のカップのコだ、とピンときた。
芦田さつき(28)
輸入販売会社の事務員から新規事業のアシスタントに。
春野誠(30)
さつきの彼氏。公務員。趣味は料理とスイーツの食べ歩き。
菱山謙司(30)
コンサルタントとして派遣され、新規事業立ち上げの責任者に。
川口結実(26)
さつきの後輩。かわいくてモテるが、なかなか恋人ができない。
相原香里奈(22)
スイーツ好き。誠と仲がいい。

お役立ち情報[PR]