お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

28話 心の問題


誠からのメールは、相変わらず動く絵文字がいっぱい。
『出張おつかれさま(動くカエル)
仕事はうまくいってるのかな?(動く顔文字)(動く矢印)
あんまりムリしないで、今日はゆっくりやすんでね(ウィンク)
おやすみ(動くハート)(動くハート)』

見たとたん、一気に疲れが押し寄せてきた。
私は携帯をベッドに投げ出した。すぐに返事を打つ気にはなれない。
菱山さんだったらこんなとき、どんなメールを送るんだろう?
きっと絵文字はないだろうな。
『仕事がんばって』みたいな感じかな?
だとしたら、内容は誠のメールとそんなに変わらないじゃない。
誠のメールの内容は、なにも悪くない。やさしい誠らしい文面だ。
ただ、それを見ても私の心は弾まない。
そんな私の心が問題なんだ。

私は何を望んでいるんだろう? 誠の何が不満なんだろう?
男らしさがないこと? ときめかないこと?
ふと、頭に赤い花柄のカップが浮かんだ。
そして、その贈り主と電話で話しているときの、誠の笑顔も。
私は嫉妬している。
これって、誠のことを好きだからなんだと思う。
それなのに、誠のことを面倒に思ったり、
菱山さんに惹かれてしまったりする自分がいる。
どうしてなんだろう?
芦田さつき(28)
輸入販売会社の事務員から新規事業のアシスタントに。
春野誠(30)
さつきの彼氏。公務員。趣味は料理とスイーツの食べ歩き。
菱山謙司(30)
コンサルタントとして派遣され、新規事業立ち上げの責任者に。
川口結実(26)
さつきの後輩。かわいくてモテるが、なかなか恋人ができない。
相原香里奈(22)
スイーツ好き。誠と仲がいい。

お役立ち情報[PR]