お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

19話 複雑な思い


菱山さんは2つの缶を手にしていた。
「芦田さんは、どっちを買いたいと思う?」
ゴージャスで優雅な雰囲気の缶と、シンプルでかわいらしい缶。
「どっちも素敵ですけど、あえて選ぶなら……」
と私はシンプルなほうを指差した。
「どうして、こっちなの?」
「フタが開けやすそうなので。ネイルを痛めずにすみそうかな、と。
それに、いくつか並べて小物入れやプランターにしても
かわいい感じがします」
菱山さんは「なるほど」とうなずいて、丸井さんと話し始めた。
私はまた誠とのことを考えていた。
こんな風に、好きなモノを選ぶ理由はすぐわかるのに、
好きな人への思いは複雑すぎて、自分でもよくわからない。

丸山さんが帰ったあと、菱山さんは私にまっすぐ向き合った。
もしかして、また食事に誘ってくれるの?
菱山さんと仕事以外の話ができたら、きっといい刺激になって、
誠へのモヤモヤを忘れられるような気がする。そう思ったのに、
「芦田さんのおかげで、若い女性の好みが明確になって助かったよ。
ありがとう。休日手当てはたっぷり付けておくからね」
菱山さんはそう言って、まっすぐ地下鉄へと歩き始めた。

——チャンスの神様は前髪しかない 。
って昔、誰かが言っていたけど、それは本当だったみたい。
残念な思いを胸に秘め、私は黙って菱山さんの後を歩いた。
芦田さつき(28)
輸入販売会社の事務員から新規事業のアシスタントに。
春野誠(30)
さつきの彼氏。公務員。趣味は料理とスイーツの食べ歩き。
菱山謙司(30)
コンサルタントとして派遣され、新規事業立ち上げの責任者に。
川口結実(26)
さつきの後輩。かわいくてモテるが、なかなか恋人ができない。
相原香里奈(22)
スイーツ好き。誠と仲がいい。

お役立ち情報[PR]