お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

14話 チャンスor約束


土曜日、紅茶コーディネーターの丸井さんと菱山さんと
紅茶専門店を回って細かい打ち合わせをした。
丸井さんが帰ったあと、菱山さんが
「時間があるなら、食事に行こうか?」と訊いてきた。
行きたい! でも……
「すみません。約束があって……」
今夜は誠が手料理をつくって待っている。
会いたいと言われて、泊まりにいく約束をしてしまったのだ。
「そっか。じゃあ、今日はここで」
菱山さんはとくに残念そうな様子もなく、あっさり答えた。
もう誘ってはもらえないかもしれない。
いつも菱山さんは夜遅くまで仕事をしていて、
コンビニのお弁当かデリバリーで夕食をすませている。
こんな貴重な機会を逃すなんて……菱山さんと食事に行きたかった。
誠と約束なんてしなければよかった。
こんな風に思ってしまう私って、なんて嫌な女なんだろう。

沈んだ気持ちを抱えて、誠の部屋に行った。
ドアをあけると、香ばしいチキンの香りが漂った。
「さっちゃんの好きなハーブチキンをつくったよ」
誠は優しい。チキンだって、すごくおいしかった。
それなのに、私の心は晴れない。

食後の紅茶を飲み始めたとき、誠の携帯が鳴った。
誠が電話に出ると、電話の向こうから女性の声が聞こえてきた。
芦田さつき(28)
輸入販売会社の事務員から新規事業のアシスタントに。
春野誠(30)
さつきの彼氏。公務員。趣味は料理とスイーツの食べ歩き。
菱山謙司(30)
コンサルタントとして派遣され、新規事業立ち上げの責任者に。
川口結実(26)
さつきの後輩。かわいくてモテるが、なかなか恋人ができない。
相原香里奈(22)
スイーツ好き。誠と仲がいい。

お役立ち情報[PR]