お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

1話 幸せな朝の事件


朝、バターの香りで目が覚めた。
テーブルの上に、とろけそうなオムレツと新鮮なサラダ、
クロワッサンに湯気の立つマグカップが並んでいる。
「さっちゃん、おはよ」
誠がエプロンを外しながらほほ笑んだ。
「おはよう」と私は笑顔で応えた。

昔見たフランス映画を思い出した。
素敵な男性がベッドに朝食を運んでくれて、
ナイティ姿の女性がほほ笑むシーンに、うっとり憧れたことがある。
でも現実には、顔も洗わずベッドで食事をする気にはなれず、
洗面所に行ってから、テーブルで誠がつくったオムレツを食べた。
ベッドでなくても、誠の手料理はおいしくて十分うっとりする。
こんなに優しい恋人がいて、私って、なんて幸せなんだろう。

誠は料理が得意で、スイーツの食べ歩きが趣味。
乙女チックな趣味を持つ、いわゆる「オトメン」ってやつだ。
毎日、ハートマークと絵文字がたっぷり入ったメールを送ってくる。
『さっちゃん、今日も大好きだよ(ハート)。
さっちゃんにハッピー(動く花)が降り注ぎますように(動く星)』
少し恥ずかしいけど、愛されてるって気がして幸せだ。
オトメンの誠にあわせて、私も動く絵文字の使い方を覚えた。
まだ誠にしか送ったことはないけど。

幸せをかみしめながら朝食を全部食べた後、事件は起こった。
芦田さつき(28)
輸入販売会社の事務員から新規事業のアシスタントに。
春野誠(30)
さつきの彼氏。公務員。趣味は料理とスイーツの食べ歩き。
菱山謙司(30)
コンサルタントとして派遣され、新規事業立ち上げの責任者に。
川口結実(26)
さつきの後輩。かわいくてモテるが、なかなか恋人ができない。
相原香里奈(22)
スイーツ好き。誠と仲がいい。

お役立ち情報[PR]