お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

内気な女子でもできる! 気になる彼の「彼女アリナシ調査法」

出会いの春と言われるこの季節、「ちょっと素敵かも」なんて人と知り合えたあなたはラッキー! 相手に彼女がいるのかどうかが、さっそく気になるところですよね。でも、それをなんと切り出して聞けばよいのかわからない……そんな内気さんでもできる、巧妙かつ自然な「彼女アリナシ調査法」を、恋愛上手な女子たちに教えてもらいました。






■「それオシャレですね。彼女の趣味ですか?」(28歳/食品メーカー)



相手のセンスを褒めながら探りまで入れてしまうという、一石二鳥の聞き出し方。事前に彼をよーく観察して、さりげなく褒めやすい小物やアクセサリーに目をつけておきましょう。本当にオシャレな彼に対してだったら、「いつもオシャレですね」と言って本気で持ち上げてしまってもよいかも。


■「週末の食事って、どうすることが多いですか?」(24歳/商社)



食事の場所や内容を聞けば、それが「ひとり飯」なのか「カップル飯」なのかけっこうわかるものなんだそうです。「最近料理に凝ってるんだ。○○くんは最近、作ったり作ってもらったりしておいしかったものある?」なんて切り口もいかがでしょう。


■「最近、どんな映画見に行きました?」(26歳/広告)



コテコテのラブストーリーなど、「いかにも」なカップルムービーを答えられた場合や、ちょっとマイナーだったりマニアックだったりするムービーを答えられた場合だと、「えっ、誰と(笑)?」と突っ込みやすそう。


■「スイーツにすごく詳しいんですね。彼女とよく食べに行くんですか?」(27歳/損保)



昔とちがって今は男性にも甘党が多いなんてこと、内心ではよくあることだと捉えていたとしても、このときばかりは女優になりきって、「男性なのに意外!」という表情をうまく作るのがポイント。鏡の前で練習しておいてくださいね(笑)。


■「こんなことしたら、彼女に怒られちゃいますね」(28歳/化学メーカー)



このセリフを言うためとはいえ、「スキンシップや相手に甘える行動なんてできない」という場合は、ちょっとした頼み事をしてみたり、相手を少しからかうようなことを言ってみたりするのでもOKだとか。
例1:「週末、この資料見ておいてもらえる? 休みの日まで、彼女には悪いんだけど……」
例2:「もー男らしくないなぁ(笑)。あ、こんなこと言っちゃ彼女に失礼だね」


このような「彼女アリナシ調査法」、みなさんはどう思いましたか? 何とも思っていない人には簡単に聞ける質問でも、自分が気になる人に対してだと一転、本当に聞くのが恥ずかしくなってしまうもの。今回紹介したような方法でなら、シャイな女子でも探りくらいは入れられるのではないでしょうか。それでもどうしても無理という方は、大人しく友だちに頼んで聞き出してもらうのが、やはり一番手っ取り早いかもしれませんね(笑)。


(つくしの万葉+プレスラボ)



■関連リンク
【escala男子白書】気になる女子にしてしまう言動・行動はありますか?
【働く女子の実態】上目遣い? ボディタッチ? 男子の気を引くテクニック
【働く女子ランキング】「もしかして私に気がある?」と思う異性の行動

お役立ち情報[PR]