お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

浮気や内緒の合コンがバレたら……「恋人に言った・言われた迷言」

恋人に内緒にしていたことが突然バレたら、誰だって冷静さを失います。ましてやそれが内緒で行った合コンや異性とのデート、浮気だったときには……。そして取り乱した男女はとんでもない言葉を口にしてしまうのです。異性関係の“ヒミツ”がバレちゃった男女から、とっさに飛び出した「迷言」を集めてみました。






■「姉ちゃんだよ」(27歳/銀行)

「昔付き合っていた彼が、女の子とデートしている現場に遭遇したことがありました。姉だと言い張っていたけど、目は泳いでるし、女の子はにらんでるし、そもそも本当のお姉さんの顔知ってたし」


浮気相手を別人に仕立てる王道パターンですね。でも、身内に設定してしまうと簡単にボロが出ますよ。


■「この人ストーカーなんです」(29歳/美容師)

「彼といるときに、浮気相手から着信。『誰?』と問い詰められたので、ストーカーということにして『かなりしつこくて迷惑しているんだよね』と被害者顔をしてやり過ごしました」


別人パターン、ちょっと上級編。ストーカー呼ばわりされた相手が気の毒です。


■「人数合わせで行っただけ」(28歳/アパレル)

「彼が私に内緒で合コンに行っていたことを、たまたま女性側で参加していた私の友だちに報告されました。『人数足りないからって無理やり連れて行かれたんだよー』と言ってましたが、実際はノリノリで来てたってことも報告されてますよ!」


壁に耳あり、障子に目あり、合コン会場に恋人の知人あり。気をつけて!


■「私じゃない」(31歳/小売)

「私が浮気しちゃった相手と彼氏の共通の知り合いがいて、めぐりめぐって彼に情報が到達。でも彼氏本人が現場を目撃したわけじゃないので、『知らない』『私じゃない』と言い通しました。正直、浮気常習犯ですが、認めたら負けだと思っています」


コツは、ひるまず自信たっぷりに知らんぷりすることだそうです。ひどい!


■「心と下半身は別だから!」(25歳/飲食)

「携帯メールから彼の浮気に気づいてしまいました。泣きながら責める私をどうにかなだめようとして、出てきた彼の言葉がコレ。堂々と言うな!」


“浮気は男の甲斐性”とか、この場面で絶対言ってはいけない言葉です。


■「だって最近Hしてくれないんだもん!」(29歳/出版)

「20代前半のころ、あんまり構ってくれない彼をその気にさせられず、ついに私が浮気……。お風呂にも携帯を持ち込んでいたら怪しまれて、寝ている間に携帯を見られてバレました。正直に理由を言ったら、彼に『相手から“愛してる”とか言ってるメールあったけど、俺のほうがよっぽど愛してるよ!』と言われて号泣(笑)。その後、更生しました」


こちらは言い訳ではなく、素直に理由を言ったパターン。変に取り繕うより、正直に気持ちをぶつけたほうがまるく収まるのかも!? いやいや、この彼は寛大です。


背水の陣になると、人間は見切り発車で発言してしまうようです。こんな恐ろしい目に遭いたくなければ、恋人に隠し事をしないことが一番ですね。あなたも秘密がバレたとき、とんでもない言い訳をしたことはありませんか?


(草苅敦子+プレスラボ)



■関連リンク
【本当の愛がほしいなら】女性にも浮気心ってある?
【働く女子の実態】二股をかけてしまう理由は? 本気と浮気の境界線
【働く女子ランキング】「浮気をされやすい女子の共通点」って?

お役立ち情報[PR]