お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド 生活

二の腕、太もも……リンパケアでシェイプアップ効果もある!?

「スタイルをもっとよくしたい」と悩む女性の間で、今話題なのが「リンパケア」です。リンパと聞くと、デトックスというイメージがありますが、実はシェイプアップにも効果的なんです。






そもそもリンパとは何でしょうか? 『はじめてのリンパ 1からのマッサージ&ストレッチ』の著者である加藤雅俊さんの説明によると、リンパとは、「リンパ管」「リンパ液」「リンパ節」のネットワークを指すのだそうです。リンパ管が全身の隅々まで巡っていて、その要所要所にあるのがリンパ節。そしてその中をリンパ液が流れている、という構造になっています。このリンパ液には身体に必要な栄養分とともに老廃物も混ざっているので、これらをろ過してキレイにするのが、体に800箇所もあるリンパ節です。


ただし、リンパの流れは非常にゆっくりなので、老廃物をため込まないためには、マッサージでのセルフケアが必要なのだとか。このリンパには「浅いリンパ」と「深いリンパ」とがあり、「浅いリンパ」は皮膚のすぐ下を流れているので、軽くさする程度でケアが可能です。一方「深いリンパ」は深層筋(インナーマッスル)を包むように流れているので、ストレッチでインナーマッスルを刺激して、リンパの流れを促します。このとき刺激されたインナーマッスルは、余分な脂肪を燃焼する働きをするので、デトックスだけではなくシェイプアップ効果も期待できるというわけなのです。


加藤雅俊さんが提唱する、身体の気になる部分をシェイプアップできるリンパストレッチをご紹介しましょう。


二の腕のたるみを解消するには、腕とワキのリンパを刺激します。まず、手のひらを合わせて、胸の高さでギュッと押し合い、10秒キープ。このときに、親指と人差し指を離すことで、効果的に二の腕の外側(上腕三頭筋)にアプローチできます。


ワキ腹を引き締めてくびれを手に入れるためには、腰とお腹のリンパを刺激します。まず、仰向けに寝て両腕を大の字に伸ばし、片足を身体の反対側に倒して、お腹から身体をひねるポーズで10秒キープ。左右5回ずつ行いましょう。


ぽっこりお腹を引き締めて、便秘解消にも有効なのが、腰のリンパへのアプローチです。両腕を上げて手のひらを合わせて立ち、腰は固定し上半身だけをねじったポーズで10秒キープ。イスに座って上半身をねじるポーズでもOKです。左右それぞれ行いましょう。


太モモのストレッチは、脚全体のリンパの流れをよくするので、脚全体を引き締めるのに効果的です。仰向けになり、ひざから下が床につくように片脚を折り曲げ、10秒キープ。このとき両腕を頭のほうへ上げて、腰が床から浮かないようにすることがポイントです。左右それぞれ行いましょう。


さらに美脚を目指すため、そけい部のリンパも刺激しましょう。まず、イスに浅く座り、片脚を横に開きます。脚を開いた方向へ上半身を横に倒します。股関節から曲げるイメージです。これを10秒キープし、左右それぞれ行いましょう。


デトックスとシェイプアップの両方を叶えてくれるリンパストレッチ。簡単にできるので、夏に向けてさっそくはじめてみては?


『はじめてのリンパ 1からのマッサージ&ストレッチ』
著者/加藤雅俊 発行/ブルーロータスパブリッシング


(フランクひらがな/マッシュルーム)



■関連リンク
【デトックスだけじゃない】シェイプアップに効くリンパケアって?
【働く女子ランキング】働く女性に聞いた「足のむくみの解消法」って?
【働く女子の実態】むくみやすいのは脚だけ!? 二の腕と顔のむくみ改善法

お役立ち情報[PR]