お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド 生活

クリーム系、トマトベース系……。女子が好きなスープ第1位は?

朝晩まだ冷えるこの季節は、スープのほっこりした温かさが身にしみますよね。しかも、手軽に野菜がたっぷりとれるスープは、忙しい女子のうれしい味方! そんな働く女子274名に好きなスープについて聞いてみたところ、1位「コーンポタージュ」、2位「パンプキンスープ」、3位「ミネストローネ」、4位「クラムチャウダー」、5位「オニオングラタンスープ」という結果に。






その理由は、「コーンポタージュはいつ飲んでもやさしい味にほっとできるから」(34歳/商社・卸)、「パンプキンの独特の甘みがほんわかする」(28歳/電機)、「クラムチャウダーは貝のダシがしっかり出ていて食事のメニューとして楽しめる」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント)、「トマトスープやミネストローネは『野菜をとってる!』という実感がわくので好き」(33歳/事務系専門職)などというもの。なかには、「全部好き」という女子も数人いるほど、いろんな具材や味のバラエティを楽しめるのは、スープの魅力のひとつですよね。


また、どんなシーンで食べるか聞いたところ、「朝食でコーンスープにトーストを浸して食べるのが小さいころから好き」(24歳/学校・教育関連)、「寒い日の朝や、会社から帰ったあとにクリーム系スープで即温まる」(23歳/機械・精密機器)、「クラムチャウダーを多めに作っておき、パンと一緒に食べたりスープパスタにしてもおいしい」(30歳/その他)、「ミネストローネやベジタブルスープは、ランチや晩ご飯で野菜が足りないときにプラスする」(25歳/食品・飲料)などの回答が。パンやクラッカー、チーズを添えたりパスタにかけるなど、自宅でさまざまなアレンジを楽しんでいるようです。


では、女子の好きなスープのポイントを聞いてみると、「野菜がたっぷり入っている」、「好きな具材が入っている」、「スープの具が大きい」(30.7%)など。味の系統では、「クリーム系」が人気なものの、「トマトベース系」という声も目立つ結果でした。野菜や具材を意識した満足感の得られるスープは、女子が求める大きなポイントの様子。濃厚でとろみのあるクリーム系、ヘルシーで美容・健康にも抜群のトマト系、どちらも好きだから「その日の気分で!」と選ぶ女子も多いようです。


そんな女子の好みを網羅しているのが、メインディッシュになるスープ「キャンベル チャンキー」です。缶入りで温めるだけのストレートタイプだから、忙しい朝でも、会社から帰宅してすぐに食べたいときにもぴったり。チャンキーとは英語で「大きな塊」というだけあって、大きな具材がゴロゴロとたっぷり入っているのが魅力なんです。種類は「チキンコーンチャウダー」「ニューイングランド クラムチャウダー」「セイヴォリー ベジタブル」「クラシック チキン ヌードル」と、気分に合わせて選べる4種類。そのまま温めるだけでスープとしてはもちろん、ご飯やパスタ、お肉やお魚にかけるなど、アレンジも自在に楽しめちゃうのがいいところ。気になる方はぜひチェックしてみて!


(水野久美)


『escala cafe』にて2012年3月にWebアンケート。有効回答数274件(escala cafe会員)。



■関連リンク
【クリーム系もトマトベース系も!】メインディッシュになるスープって?
【働く女子ランキング】卵を使った料理で一番好きなものって?
【働く女子の実態】食の好みで大モメ!? 初デートでガッカリした瞬間

お役立ち情報[PR]