お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド 生活

目上の人でもタメ口? 「困った後輩」とうまく付き合う方法

もうすぐ新入社員が入ってくる季節。後輩の初々しさが「かわいい!」と感じる反面、仕事のやり方や職場での態度に困ってしまったこともあるのでは? そこで、働く女子279名に困ってしまったダメ後輩にまつわる話を聞いてみたところ、こんなエピソードが挙がりました。






■「目上の人でもタメ口」(通信/事務系専門職/25歳)

学生気分が抜けない態度に、困った経験のある先輩は多いみたい。そういう場面に出くわしたときにさりげなく注意している人は多いようですが、そんな人には「こっちのほうが先輩ですからっ!」と思わせるような威厳ある態度を見せつけてもOKかも!


■「のんびりしていて仕事に時間がかかりすぎる」(医療・福祉/専門職/30歳)

仕事の要領が悪い後輩を見ると、ついイラッとしてしまう人も多いのでは? そんなときは、ToDoリストを作って今日やるべきことを書き出すことをすすめたり、「この作業が終わるまでどれくらいかかる?」と仕事がひと区切りするまでの時間を意識させてみることも◯。


■「プライドが高くて誰かに尋ねるのを恥ととらえているらしく、問題が起きても誰にも聞かず放置する」(自動車関連/技術職/28歳)

先輩や上司に「ほう(報告)・れん(連絡)・そう(相談)」することは大事ですよね。ただ、中にはプライドが邪魔して先輩や上司に「ほう・れん・そう」できない人もいるみたい……。そういう場合はもちろん、仕事を円滑に進めるためにこちらから進捗を聞いて、報告させるのも重要ですが、日ごろから何でも話し合えるような関係を築いておくのもポイントかもしれませんね!


後輩からすると、自分の態度に問題があるかどうかもわからない状態なのかもしれません。もしかしたら、先輩たちに対する気兼ねがあって、ひとりで悩み、堂々巡りしていることもありそう。そういうときに身近に接している先輩から、さりげなくひと言をかけられると、それがヒントになって、前に進むことができるのかも。


たとえば、グループ作業の中でスタンドプレーが目立つ後輩には、「よくがんばってるね。でも、たまにはまわりの人に声をかけてみて。感想を聞いてみるといいよ」とコミュニケーションを促してみるのもいいのでは? お説教になると、聞く耳を持たない人もいるので、できれば、かっこよく名言のように言いたいところ。答えは「全部」より、「ヒントをひとつ」くらいでいい場合もあります。「アサヒSlat(すらっと)」( http://www.asahibeer.co.jp/slat/ )のCMでも、DAIGOさん扮するちょっと頼りなさそうな後輩が、中山美穂さん扮するできる先輩に人生相談をするというストーリーが展開されていますね。そこで先輩が発するのが、「人生って『ひとつぶ、ひとつぶ』だよ」というメッセージ。たとえここまでかっこいいセリフでなくても、心に刺さる名言みたいなアドバイスって、後輩には伝わるのでは!?


CMのようにうまく伝えられるかわからないけど、あこがれられるような先輩と後輩の仲が築けていれば、悩むほどに後輩が問題行動をとる……なんてことが、未然に防げるようになるかもしれませんよ!


(戸川光里)


『escala cafe』にて2012年3月にWebアンケート。有効回答数279件(escala cafe会員:22歳-34歳までの働く女性)。



■関連リンク
【つぶつぶ果肉入り☆】「アサヒSlat(すらっと)」にニューフレーバーが登場!
【働く女子ランキング】新入社員で入ってきてほしい若手俳優は?
【アネゴ? お局?】あなたのモテ先輩度をチェック!

お役立ち情報[PR]