お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド 生活

インスタントメイクが流行中!? 「メイクに関する女子の本音」

仕事にプライベートに、忙しい毎日を送る働く女子たち。メイクは余裕を持ってきちんとしたいけど、時間に追われてしまうのが現実ですよね。メイクを短い時間で済ませ、時間を有効活用したいと思う女子は多いようです。パナソニック株式会社AVCマーケティングジャパン本部が2012年1月に行った20-30代女子300人に対する調査の結果、「出勤前や外出前のメイクに平均どのくらい時間をかけていますか?」という質問に、東京・大阪ともに「10分以上15分未満」という回答が約3割と、メイクの平均時間が意外と短いことが判明。さらに、平日のメイク時間については、「もっと短くしたい」「少し短くしたい」と回答した人が約6割も! イマドキの働く女子は、より短時間で手間のかからない「インスタントメイク」を目指していることがわかりました。






さらに、「メイク時間を短くするために、どんな工夫をしていますか?」と尋ねたところ、東京・大阪ともに「BBクリーム」を使用していると答えた人が約3人に1人という結果に。また、年齢や地域別で比べると、大阪の20代の女性が「つけまつげ」(22.1%)、「まつげエクステ」(13.5%)を使用している人が目立ちました。大阪ではアイメイクで時間短縮の工夫をしている人が多いようです。


このような状況を考えると、面倒なのはやはりメイク直し! 「テカってきたかも……」と思いながら、忙しさにかまけて放置してしまう女子も少なくないのでは? メイク直しをしていなくて困るシチュエーションのひとつが「写真撮影」ですが、FacebookやtwitterといったSNSの普及により、誰でも簡単に写真がアップできるようになったことも影響しているようで、顔写りを気にして「SNSにアップできない写真がある」と答えた女子は、約9割もいました。


記録に残り、場合によっては大勢の人の目に触れる写真。何気ない日常の写真であれば、手軽に撮れるスマートフォンや携帯電話のカメラ機能を使う人も多いもの。でも、旅行や結婚式、アウトドアやパーティなど、撮り直しのきかない、しかもずっと残しておきたい写真の場合は、コンパクトデジタルカメラ(デジカメ)で撮影するという人も。いくら性能が高まってきているとはいえ、スマートフォンや携帯電話のカメラでは、「ズームが足りない」(47.8%)、「夜景がきれいに撮れない」(49.0%)、「暗いシーンがきれいに撮れない」(51.6%)などの不満があるようです。


そこでもし、「顔の写りに不満があるとき、あとからでも写りをキレイにできるコンパクトデジタルカメラやデジタル一眼カメラがあったらほしいと思いますか?」という質問に、「ほしいと思う」と答えた人は、「コンパクトデジタルカメラ」(66.7%)、「デジタル一眼カメラ」(49.7%)と、多くの人が関心を示しています。これまでは、CGを使ってしか修正できなかった肌質や顔のバランスも、手軽に手元で直せてしまうとしたら、こんなにうれしいことはないですよね。メイク直しは面倒だけど、写真はキレイに残したい女子は、撮影後に好きなメイクパターンを簡単にほどこせるような高機能デジカメも登場しているので、チェックしてみてもいいかも!


(立原麻里/マッシュルーム)



■関連リンク
【escala男子白書】女性のおしゃれ・メイクは気になる?
【ビューティレシピ】なりたいワタシに近づく 最旬春メイクLESSON
【働く女子の実態】鼻の低さをごまかすメイクって? コンプレックス解消のワザ

お役立ち情報[PR]