お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 節約・貯金

働く女性に聞く「震災後、物価の高さを感じるもの」

震災前はそんなに気にならなかったのに、震災後になぜか物価の高さを感じてしまったというものはありませんか? 今回は働く女性に「震災後、物価の高さを感じるもの」について聞いてみました。一体、どんな結果になるのでしょう?






 

 ●第1位/「電気料金」……49.7%
 ○第2位/「食料品」……32.3%
 ●第3位/「家賃」……22.2%
 ○第4位/「ガソリン」……21.0%
 ●第5位/「通信料」……16.8%
 ○第6位/「保険料」……16.5%
 ●第7位/「防災グッズ」……12.9%
 ○第8位/「衣料品」……7.8%
 ●第9位/「引っ越し料」……6.6%
 ○第9位/「レジャー料」……6.6%
※複数回答式・第11位以下は略。

 


第1位は49.7%で「電気料金」でした。値上がりした電気料金に不満を持っている人は多いよう。原発の事故やその後の輪番停電などの対応を見て、電力会社への信用を落としたという人もいるのかも。エネルギー問題についてたくさんの人が何かしら考えた結果とも言えそうです。
第2位は32.3%で「食料品」。震災は食料の流通にも大きな影響を与え、「物価の優等生」と呼ばれる卵までも値上がりしました。毎日必要なものだからこそ、物価の高さを直に感じてしまうのかも。
「震災後、物価の高さを感じるもの」についてのみなさんの意見が集まった今回のランキング。上記の結果から、「絶対に必要で、身近にあるもの」の価値に対して疑問を持つ人が増えたという印象を受けました。物価に対する考え方からも、みなさんの意識の変化がわかりますね。(編集部/佐藤)


※『escala cafe』にて2012年2月にWebアンケート。有効回答数334件(escala cafe会員:22歳-34歳の働く女性)。

 


★関連リンク
【働く女子ランキング】働く女性に聞く「震災後、自分の中でもっとも変わった考え」
【働く女子の実態】今後に備えておきたい! 「帰宅難民」になったとき助けられたモノ
【占い・診断】賢い女の生活の知恵!? 働きながらでもできる! 「節約術」診断

 

お役立ち情報[PR]