お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

働く女性に聞く「震災後、自分の中でもっとも変わった考え」

東北地方太平洋沖地震発生から、明日で丸1年。ひんぱんに小さな地震の起こる日がまだまだ続いています。地震警報が鳴るたび、あの日のことを思い出してしまうという人も多いのではないでしょうか。震災前と後で世界は大きく変わりましたが、働く女性の中ではどんな考えの変化があったのでしょう?








 ●第1位/「家族の大切さについて」……25.4%
 ○第2位/「災害に対する備えについて」……21.9%
 ●第3位/「日々の生活について」……21.3%
 ○第4位/「結婚観について」……7.2%
 ●第5位/「国の政策について」……5.4%
 ○第5位/「メディアの報道について」……5.4%
 ●第7位/「食の安全について」……5.1%
 ○第8位/「健康について」……1.2%
 ●第9位/「自分の目標について」……0.9%
 ○第9位/「子育てについて」……0.9%
※第11位以下は略。



第1位は、25.4%で「家族の大切さについて」でした。「ひとりでいることが不安だと感じた」「当たり前だと思っていた家族の絆を再確認できた」といった意見が多く集まりました。私も通信手段が途絶えて家族の安否が確認できない時間は、本当に不安でした。
第2位は、21.9%で「災害に対する備えについて」。それまで「自分にはそんな災害は起こらない」となぜか思ってしまっていたという人は多いよう。「いつでも物が買える」と甘えていると、もしものときに大変な思いをするかも。
第3位は、21.3%で「日々の生活について」。寄せられたコメントには「当たり前の毎日が幸せ」「一日を大切に生きるようになった」というものが目立ちました。
震災は私たちに大変な影響を与えました。それまで気づかなかったことや、あえて無視していたことについて、誰もが改めて目を向けたのではないでしょうか。今後もいつ大きな地震が起きるかわかりません。1年前の教訓を忘れないよう、毎日を大切に過ごしていきたいですね。(編集部/佐藤)


※『escala cafe』にて2012年2月にWebアンケート。有効回答数334件(escala cafe会員:22歳-34歳の働く女性)。



★関連リンク
【働く女子ランキング】東北地方太平洋沖地震発生後から「自分の生活で変わったこと」
【働く女子の実態】あなたの家は大丈夫? 家具の転倒防止のための「防災グッズ&アイデア」
【占い・診断】あなたは「助け合い」に向いてるタイプ? 「チーム適応力」診断



お役立ち情報[PR]