お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

男性に聞いた! 「彼女の異性関係」、どこまで許せる?

恋人といえども、24時間一緒にいられることなんてそうそうありません。離れている時間にパートナーがほかの異性と一緒だと思うと、やっぱり気になってしまうものです。では、その不安な思いは男女共通? 自分の彼女とほかの男性との関係について、男性はどこまで許せて、どこからは許せないものなのでしょうか? 男性にとって嫉妬してしまうボーダーラインはどこなのかを聞いてみました。

■浮気の事実がなければOK(28歳/広告)

「わりと放任主義だから、浮気した事実がなければ大丈夫。でも放任主義って聞こえはいいようで、女の子からすると愛されていないって思うらしい。彼女にダメ出しされたことがある。適度な嫉妬がいいみたい」

はい。あんまり放っておかれると「私に興味ないの?」と思っちゃう可能性はありますね。

■1日以上一緒はダメ(30歳/IT)

「男性と2人で食事やお茶は問題ないし、合コンも別に許せるかな。でもそれが発展して、男とお泊まりや朝帰りになったら許せないと思う。日をまたいで一緒にいるということは、肉体関係がある可能性が濃厚なので」

まぁ、お泊まりは90%くらいクロだと思います。

■サシ飲みからグレー(32歳/教育)

「2人きりで酒、が軽いグレーゾーンですが、その相手が誰なのかにもよりますね。友だちなのか、仕事関係なのか、それとも……。飲むこと自体より、その相手で線引きするかも。どちらにせよパートナーの臨界点を越えることをした場合は、黙って墓場まで持ってくのが賢明ではないかと思います」

え、墓場まで持っていけば大丈夫なの? “2人でお酒”から顔を曇らせる人は、男女問わず多い模様。

■昔の男の話に嫉妬(27歳/自動車)

「基本的に自分も束縛されたくないし、学生時代の女友だちと飲みに行くこともよくあるので、彼女に対しても男の子と飲みに行ったりするのはとがめないですね。でも昔の彼氏の話を聞かされるのは好きじゃない。今、関係ないじゃんって思います」

“今”は嫉妬しないけど“昔”には嫉妬してしまう、複雑な男性心理もあるようです。

■最後の一線までは(29歳/精密機器)

「男とふたりでメシ行こうが遊ぼうが、やきもちはやきません。ただ、肉体関係が発覚したら即別れます。逆に言うと、もし肉体関係があったとしても死ぬまで俺にバレなかったらOK。でも今はそう思えるけど、20代前半のころは男がいる飲み会に行くだけでもやきもちやいてました」

年齢を重ねるとともに、やきもちのボーダーラインも変わるものなのですね。

■女同士でもNGな場合も(27歳/金融)

「合コン、男とのサシ飲みがNGなのはもちろん、男遊びしそうな女友だちと一緒に出かけられるのもイヤ。元カノに浮気されたことがあるので、常に危機感を持ってます」

嫉妬・束縛にキツい過去アリ?

■まとめ

予想通り、肉体関係を許せる男性意見はゼロだったものの、最後の意見以外は、ちょっと拍子抜けするくらい淡泊な意見が多かった印象でした。それは寛容というのか、それとも無関心なのか……。彼女の立場からしてみたらありがたいようで、むしろ不安な要素になってしまうかも。あなたは、どう思いますか?

(草苅敦子+プレスラボ)

■関連リンク
【うっかりミスに要注意?】「恋愛マナー違反」診断
【働く女子の実態】二股をかけてしまう理由は? 「本気と浮気の境界線」
【働く女子の実態】彼女と浮気相手が鉢合わせに! 修羅場の実態

お役立ち情報[PR]