お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド専門家 生活

お肉も魚も食べてOK! 話題のダイエット「血糖コントロール」とは?

日に日に暖かくなり、そろそろ薄着になる季節。気になるのは冬の間についてしまった身体のお肉ですよね。でも、つらいダイエットは続かない……。そんな女子にオススメなのが、従来のきつい食事制限やつらい運動はせずに、無理なく自然にダイエットができる「血糖コントロール」ダイエット! 美容に敏感な女性たちの間で、昨年末ごろから話題になっており、耳にしたことがある方もいるのでは?





渋谷にあるナチュラルダイエットレストラン『NODO』 は、「血糖コントロール理論」を提唱している日本ダイエット協会・会長の戸田晴実先生をアドバイザーに迎え、女性の美をサポートするメニューを提供しています。この「血糖コントロール理論」とは、単純にカロリー摂取を控えるのではなく、血糖値(血液中の糖分量)の上昇をゆるやかにし、エネルギーが脂肪として蓄積されにくい身体を作るというもの。血糖値を上げにくい食材を積極的に摂取することがポイントです。厳選された糖質の少ない食材で料理することで、味のクオリティや満足感を落とすことなく、ダイエット中でもおいしい食事ができるのだとか。


一見ダイエットの敵と思えるようなお肉やお魚も、実は糖質が少ない食材です。ダイエットというと苦しいイメージですが、この理論に従うと我慢しすぎないので長く続けられそうですよね。もちろんカロリーダウンのこともしっかり考えられています。お肉やお魚を使っていても、脂身が少ない素材や部位を選び、調理に油は極力使わず、素材そのものから出る脂を引き出すことを心がけるといいのだそう。糖質が多いのはご飯やパンといった炭水化物なので、この量を調節します。『NODO』では、白米よりもカロリーを25%カットしたオリジナルブレンド米を使用しています。ランチは糖質50グラム以下、ディナーは糖質30グラム以下に設定されています。


そんなダイエットレストラン『NODO』では、3月の期間限定で、管理栄養士のたまごとなる現役お茶の水女子大生メンバーと共同開発したランチプレートを提供中! アンチエイジングに効果的だという抗酸化物質・アスタキチンサンをはじめ、美の要素が詰まった「アンチエイジングデリプレート(1,500円)」です。


このデリプレートは、マンナンヒカリ(コンニャク米)を使ったサーモンといくらのちらし寿司、豚ヒレ肉と彩り野菜炒め、2色キャベツのコールスロー、ミックスリーフサラダ、小エビと菜の花のマリネ、赤パプリカのポタージュと、5種類のデリ+スープのセットでかなり豪華。さらにデザートに、いちごのパンナコッタまで付いているという充実ぶり。春を連想させる美しい色合いもステキです。それにも関わらずエネルギーはなんと499キロカロリー、糖質は36.5グラムしかありません。筆者もさっそくいただいてみたところ、見た目以上にボリューム感がありました。やさしい味付けが魅力で、 身体の中からキレイになっていく感覚です。このランチを毎日食べ続けたら確実に若返るとともに、美しく痩せそうな気がしました。このほかのメニューも、イタリア料理のシェフがこだわった、全部食べても500キロカロリー以下になるコース料理やワンプレートが充実。低カロリーに仕上げたスイーツもあります。


冬の間に太ってしまった女子は、おいしいダイエット料理で夏に備えてみてはいかがですか?


『ナチュラルダイエットレストランNODO』
●場所:西武渋谷店A館8階
※期間限定「アンチエイジングデリプレート(1,500円)」は3月1日から3月31日まで




(池田園子/マッシュルーム)


■関連リンク
【つらいダイエットにさようなら】おいしく食べてキレイに痩せる秘密って?
【働く女子の実態】恋愛+運動は効果絶大!? 実際に痩せられたダイエットの方法
【占い・診断】目指せ、愛されBODY診断

お役立ち情報[PR]