お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

サンタよりステキなあなたと-8

そして慎一には悪いなあ、と思いながらも、
その週が明け、さらに会社で香川くんと働くうち、
だんだん気持ちの抑えがきかなくなっていった。

香川くんは、元々ひじょうに仕事ができる人のようで
業務計画の立て方や報告連絡など、
わたしが教えられることもひじょうに多い。

そして内面的にもなかなかステキな人だった。
いつもポジティブで、ユーモアがあって、
冷静でもあり、思いやりも深い。
彼がいてくれるだけで、妙に安心できる。

彼が入社してきて半月、
今では課の誰もが、香川くんの意見を聞きたがり、
彼がこの課にいることを、喜んでいる。

わたしはいつの間にか、香川くんと付き合えたら、
と真剣に考えていた。でもわたし彼より2つも年上だし、
彼女にしたいってタイプじゃないかも……。

もちろん、こんな妄想をしているからといって、
慎一が嫌いになったわけじゃない。
ましてや別れようなんて、まるで思っていない。

こんな矛盾した気持ち、どう決着つけたらいいんだろう。

お役立ち情報[PR]