お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

サンタよりステキなあなたと-3

「ふわぁぁ……あっ」
週末の2日間の休みを終えて、月曜日、出勤。
着席と同時に出たあくびを「いけない!」とかみ殺す。
最近、週明けは特に気合が入らない。
でなくてもweb制作は、よく睡魔との闘いになるのに。

そんなことを考えているうち、同僚も次々と出勤し、
メールのチェックを始めるとすぐに、
管理職会議を終えた山口課長が、フロアに入ってきた。

あれ、うしろにいるの誰? わたしより少し年が下
……になるかな。細身のダークスーツに、
渋いけれど地味すぎない、黒のネクタイの男性。

短めの髪のてっぺんを、少し立てているその人は、
シャープな顔の輪郭と、通った鼻筋がなかなかイイ感じ、
というか、かなりわたし好みのタイプの男性だ。
「みなさん、おはようございます。突然ですが、
今日から一緒に仕事をする、香川祥司くんを紹介します」

朝礼が始まるとすぐに、山口課長は新人を紹介した。
12月にもなって新人……と思っていると課長が言った。

「この間退職した、営業の古茂くんの交代要員です。
みなさん、あたたかく迎えてあげてください」

お役立ち情報[PR]