お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド 生活

働く女性の今冬ファッションキーワードは“70年代風トラッドガール”

ようやく今年も聞こえてきた冬の足音。寒くなるのは嫌だけど、オシャレに関しては別。新しいアウターは何を選ぼうかと考えたり、ショッピングが楽しくなってきますよね。もちろん今年の流行も意識せずにはいられないはず。そこで、働く女性にオススメの今冬ファッションを、数々の女性誌やファッション誌で活躍中のスタイリスト江崎聡さんに聞きました。






「今季のレディースファッションのトレンドキーワードは、70年代のようなトラッドスタイル。具体的なコーディネートを挙げるとすると、刺繍などで飾りをあしらった丸襟のブラウスにチェック柄の長めのスカート。足元は、フラットシューズにして、首まわりにはボウタイやリボンを結べば、今年らしいクラシカルなスタイルが完成します」(江崎さん)。


少女らしいコーディネートは、想像するだけでワクワクしてきます。しかし、すべてのアイテムをいきなりそろえるのは大変。今あるコーディネートにトラッドガールのエッセンスをプラスするとしたらどうしたらよいのでしょう。


「それなら小物使いがポイント。先ほど挙げたようにボウタイやリボンのような小物を、すでに持っているシャツに組み合わせてみたり、ストールにチェック柄を選んだり。たとえばベレー帽は、一番簡単に今年らしさを出しやすいアイテムなので、挑戦してみてはいかがでしょう。また、アクセサリーもクラシカルなデザインのものがオススメ。アクセサリーと組み合わせたり、それだけでアクセサリーのような存在感を演出してくれるような腕時計もいいですね」(江崎さん)。


江崎さんが例に出してくれた腕時計が、テレビドラマの小物などでもよく使われているというロゼモン。「このブランドは、ノスタルジックでアンティークもののようなデザインが特徴で、トラッドガールのスタイルにぴったり。時計の本場であるスイス製で、高級感があるにも関わらず値段が手ごろなのもいいですね。海外のデューティーフリーでも人気があるみたいですが、主張しすぎないのでトラッドスタイルだけでなくいろんなコーディネートのときに使えると思いますよ」(江崎さん)。


スイスの伝統と品質がモダンと調和した腕時計ロゼモンは、華奢な印象のメッシュベルトやオフィススタイルにも合うメタルベルト、カラーも充実の革ベルトなどデザインが豊富。文字盤も丸形、四角、ジルコニアをあしらったものがあり自分らしい1本を選べます。すべてのコーディネートを今年風にはできない人も、アクセサリーのワンポイントからトラッドガールを目指すことならできそうですよね。


(浜田彩)




■関連リンク
セレクトショップでよく見る腕時計のブランドって?
【同世代調査】冬のセールには行く?
「あなたが恋をするために必要なこと」診断

お役立ち情報[PR]