お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 働き方

価値観がちがう!? 働く女子に聞く「バブル世代の上司に感じること」

1980年代後半から90年代初期のバブル景気。世の中が活気づいていたその時代に社会人になった人たちは、今会社で上司世代となっています。一体、彼らはバブルが終わってから入社してきた世代の社員にどのように思われているのでしょうか? 働く女子にアンケートをとって調べてみました!








 ●第1位/「価値観がちがう」……33.8%
 ○第2位/「プライドが高い」……28.8%
 ●第3位/「危機感が薄い」……19.4%
 ○第4位/「部下を育てるのが下手」……16.9%
 ●第5位/「とてもポジティブ」……15.3%
 ○第6位/「責任を取りたがらない」……10.9%
 ●第7位/「他の世代と変わらない」……9.1%
 ○第8位/「頼りない」……8.1%
 ●第9位/「頼りがいがある」……7.2%
 ○第10位/「尊敬できる」……4.4%
※複数回答式・第11位以下は略。



第1位は33.8%で「価値観がちがう」でした! バブル世代とそうでない人は、考え方が根本からちがうと感じている人が多いみたい。景気がよかった時代を経験しているかいないかは、価値観を大きく変えてしまうのかもしれません。
第2位は28.8%で「プライドが高い」。自尊心が高い人が多いと答える女性も多いみたい。誇りを持って仕事をしている人なら尊敬できますが、単に自うぬぼれが強い上司だとしたら部下としてはつらいかも……!?
第3位は19.4%で「危機感が薄い」がランクイン。登り調子だったバブル時代に若いころを過ごした人たちは楽観的な考えを持っているのかも。もう少しリスクについて考えてほしいと感じている女性も少なくないみたい。
同じ国で働く人でも、時代の移り変わりで性格や考え方が変わってくるもの。多くの人と働く職場では、そういった特徴をとらえておくことが人間関係をスムーズに進めるカギとなりますよ!(編集部/江藤)



※『escala cafe』にて2011年10月にWebアンケート。有効回答数320件(escala cafe会員:22歳-34歳の働く女性)



★関連リンク
【働く女子ランキング】働く女子に聞く「会社の人間関係にプラスになると思う『○○上手』」
【働く女子ランキング】“割り切り”が大切? 「会社の人間関係でストレスを溜めないコツ」
【占い・診断】周囲からは、どう見られてる!?あなたの「世渡り上手度」診断



お役立ち情報[PR]