お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

あなたは大丈夫? 「頼りなく感じてしまう話し方」の特徴

仕事中に「この人、頼れる」と感じる瞬間はいろいろありますが、「話し方」って割と重要な要素だと思いませんか? 仕事の内容を見る前から、「この人は頼れそう」「何となく頼りないなあ」と思うのは、話し方によることが大きいように思います。それでは、「頼りになると感じる話し方」と「頼りないと感じる話し方」のちがいって何なのでしょう?






まずは頼りなく感じられる話し方とは……。


■語尾が尻すぼみ(26歳/教育)

「しゃべりはじめたときと比べて語尾が小さいと、自分の話していることに自信がないのかな、と感じます。最後までハキハキと話すのはやっぱり基本」


確かに、自信がないと自然と声は小さくなりますし、結論があいまいだと、語尾をごまかしてしまうことも多いかも。


■あいまいな表現が多い(29歳/広告)

「『なんか』、『○○な感じで』という言葉が混ざると、急に話していることがあいまいな印象を受けます。きちんと断定してほしい。自信がないことは言わないで」


あいまいな表現は自信のなさの表れと解釈されることが多いよう。ビジネスの場では、わからないことはわからない、とハッキリ言うことも大切です。


では、逆に頼りがいがある! と感じる話し方はどんなものなんでしょうか。


■圧迫感のない話し方(29歳/販売)

「強すぎる話し方は圧迫感があり、あまり一緒に仕事をしたい、という気分にはなりません。どんなに押し通したい事柄があったとしても、相手の話のリズムを崩さず、きちんと聞いた上で自分の意見も言うような話し方だと、安心できるように思います」


自分の意志ばかり押しつける人は敬遠されがち。どんなときでも、相手がいることを忘れてはいけませんよね。


■話をまとめてくれる(30歳/ソフトウェア)

「女性同士の話はあちこち脱線しがち。結果、『何の話をしていたんだっけ?』と見失ってしまうこともあります。そんなときに、『要するに……』と話の要点をまとめて、会話をリードしてくれる人は頼りたい、と思います」


話をまとめるにしてもさりげなさが大事。話が脱線してるよ! などと強い口調で言われると萎縮してしまいますよね。


また、多くの人が挙げたのは「相槌を打つのがうまい人は頼りがいがあると感じる」という意見。話をきちんと理解してくれているという印象がありますよね。


日々の生活で欠かせないコミュニケーション。あなたの話し方はどうですか?


(ふくだりょうこ+プレスラボ)



■関連リンク
【escala仕事白書】男性と女性、どっちが仕事やりやすい?
【働く女子の実態】職場で言いにくいことを切り出すとき、どうしてる?
【働く女子の実態】実は好感度が下がってる!? NGな話し方って?

お役立ち情報[PR]