お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド 出会い

恋の冬眠状態から脱出するには? 「恋愛の一歩を踏み出す方法」

「今週末、遊ばない?」と携帯メールを打ち、あとは送信ボタンを押すだけ。デートは今日で3回目。お互いイイ感じだし、あとは「好き」って言うだけ。恋の一歩を踏み出すには、ただ勇気を出せばいいだけなのに……。自信がなくて、傷つくのが怖くて、恋愛のチャンスを逃してばかり。あなたも心当たりありませんか? 同じような経験から抜け出し、ハッピーな恋を謳歌している女子たちに、恋の一歩を踏み出す方法について聞いてみました。

■方法1【失恋を恋愛パワーに変える】

「失恋した気持ちをバネに積極的に動いた」(22歳/農林・水産)
「正直なんとも思っていなかった人が今の彼。失恋のやけ酒にずーっと付き合ってもらっているうちに、なんかいいなあと思うようになりました」(24歳/アパレル・繊維)

失恋直後は、自分に自信をなくしてしまい、恋の一歩を踏み出すのが余計に怖くなってしまいますよね。その気持ちを「絶対に幸せになってやる!」という前向きパワーに変えて、次の恋に踏み出す女子たち。強い!

■方法2【相手の条件にこだわるのをやめる】

「相手の年齢などの条件を、気にするのをやめた」(25歳/団体・公益法人・官公庁)
「最初から片道3時間の遠距離だったが、距離を超えるほどの相性のよさを感じたので信じてみた」(28歳/医薬品・化粧品)

彼との付き合いや結婚後のことを考えると、どうしても他人の目線にしばられたり、障害を意識しすぎたりしがち。しかし、恋愛は2人でするものと割り切り、大好きな人に飛び込めなければ、幸せな恋愛をつかむことはできないのかもしれません。

■方法3【相手に流されてみる】

「告白されたときは友人だと思っていたけど、ほかに好きな人もいなかったので、告白してくれた勇気に応える意味も込めて付き合った。よい所を探して好きになるという方法もアリ」(25歳/団体・公益法人・官公庁)
「仕事で疲れ切っていて判断力が鈍っていただけかもしれないけど、何も考えずに彼のアプローチについていった」(25歳/小売店)

「自分から好きになった人でないと無理!」なんて自分の気持ちにばかりこだわってしまっては、せっかく男性からアプローチされてもチャンスを逃すだけなのかも。たとえ最初は気がなくても、見初めてくれた人に捕まってみては?

■方法4【手料理をきっかけに】

「手料理を作ってあげると言ってみた。そして具体的に日程を決めた!」(29歳/電力・ガス・石油)
「彼に相談を頼んだときに、お礼に手作りのお菓子やちょっとした料理をあげた」(24歳/食品・飲料)

いきなりデートに誘うのはハードルが高いという人は、手料理をきっかけに接近してみては。料理のお礼に誘ってもらえるかもしれないし、女の子らしいアプローチで成功率も高そう!

■まとめ

ハウツーはわかったけれど、それでも勇気がわいてこない……というあなたは、まずは恋愛映画を観て、恋する気持ちにエンジンをかけてみるのもいいかもしれません。オススメは、ロマンティック・ラブストーリー『あなたの初恋探します』。初恋の人が忘れられず、親の勧める結婚に気乗りしない主人公が、新たな恋の一歩を踏み出すストーリーを描いた韓国映画です。主人公が勇気を身につけるプロセスを追体験していくうちに、きっとあなたも踏み出す勇気がわいてくるはず! ロマンティックな季節、秋も本番。恋する気持ちを大切にして、自分に磨きをかけていきたいですね☆

(小野田弥恵/プレスラボ)

『escala cafe』にて2011年9月にWebアンケート。有効回答数336件(escala cafe会員)。

お役立ち情報[PR]