お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

彼氏と早起き対決!? 女子が実践する「二度寝防止テク」

「あと5分だけ……」と、ついつい布団の甘い誘惑に負けて二度寝してしまうのが人の性? でも目覚めたら30分経過していて……。えーい、化粧は二の次だ! なんて人もいるのでは? そうならないために、元・二度寝常習犯の女子が実践している、二度寝防止策を聞いてみました。






■目覚まし時計を遠くに&水を飲む(32歳/商社)

「二度寝によって大事な会議に遅刻しそうになるわ、一世一代のデートに遅れるわ、受難の日々を過ごしていました。二度寝しない方法をネットで調べていたら、『目覚まし時計を起き上がらないと止められない場所に設置し、近くにペットボトル飲料を置いておく。目覚まし時計を止めてから水を飲む』というテクを発見したので、翌朝から実践。気持ちいいほどに目が覚めて、二度寝願望もなくなりました!」


目覚ましを止めたあとでベッドに戻って寝てしまう……なんてことを防ぐために、これはよさそうですね。


■ストレッチで血行アップ(27歳/医療)

「携帯電話のアラームを止めたら、まずは深呼吸。それからベッドの上で軽くストレッチをします。背骨のあたりを両手で刺激しながらゆっくり前屈をすると、血のめぐりがよくなるのを感じて、脳にも酸素がいく気がします。これで頭がすっきり」


脳に酸素を送ることで、眠気が吹き飛ぶというのはよく言われていますよね。


■グレープフルーツの皮をむく(27歳/情報)

「柑橘系のにおいは目覚めにいいと聞いて、枕元に置いている目覚まし時計の隣にグレープフルーツを用意してみました。目覚ましを止めて、グレープフルーツの皮をむきむき……。すると、手の動作とフルーティーなニオイで目がパッチリ覚めます! 手が汚れるので洗いに行かなきゃだし、二度寝できません(笑)」


そのグレープフルーツは朝食としていただくのだとか。朝の流れをつかさどるグレープフルーツ……恐るべし。柑橘系の香りがするアロマをかぐのも有効かもしれませんね。


■彼氏と早起き対決(28歳/アパレル)

「同棲中の彼氏と、どちらが先に起きられるか勝負! 目覚ましを先に止めたほうが勝ちで、負けたほうは罰金100円。そのお金は月に1回の、外食の支援金にします。だんだん、お互い目覚ましが鳴る前に目覚めることが多くなってきました(笑)」


ゲーム感覚で楽しみながら二度寝を克服!? デートの資金にするというのも、マンネリ防止に役立って一石二鳥かも。


■失敗した記憶をよみがえらせる(25歳/ホテル・旅行・アミューズメント)

「二度寝の誘惑に負けそうになったら、寝坊によって大失敗した過去の記憶をよみがえらせて飛び起きます。もう、これに勝つものはなし」


いったいどんな大失敗を……? メンタル面に強く働きかける高等手段!?


「もう、お母さん起こしてって言ったじゃない!」と言いながらパンをかじって通勤……。これだけたくさんの二度寝防止策があれば、そんな日常とはおサラバできそうかも(筆者はひとり暮らしなのでお母さんと一緒じゃないし、パンをかじりながらの通勤はしないですが)。あなたは、二度寝の誘惑に負けそうなとき、どうしていますか?


(栗本千尋+プレスラボ)



■関連リンク
【escala生活白書】ベッド派? 布団派?
【働く女子の実態】幸せホルモンが分泌!? 二度寝が気持ちいい理由とは?
【働く女子の実態】彼女の寝姿がNG!? 彼に言われた別れの理由

お役立ち情報[PR]