お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

フラれても運がいいと思う理由は? 自称「強運女子」の実態

超幸福な人生に欠かせないモノ、それは「強い運」! でも、実際に強運な人なんて少なそう……。そこで働く女子に「強運な女だと思う」か「たいして運がない女だと思う」かを聞いてみたところ、38%が「強運な女だと思う」と回答。自分が強運と思っている女子たちは、いったいどんな人生を送ってきたのでしょう? そのエピソードを聞いてみました。






■「小さいころからくじ運がいい! 大きいものでは、ハワイ旅行。Ballyのバッグも当てたことがある」(30歳/金融・証券/事務系専門職)



ただ「何か」を当てるのではなく、もらって本当にうれしいものを当てているところがスゴイですね。ちなみに類は友を呼ぶということなのか、彼女のまわりには「カリブ海一周やヨーロッパ一周旅行を当てた人もいる」のだそうです!


■「好きな人に2度フラれたものの、今も付き合っているから」(22歳/小売店/販売職・サービス系)



2回も悲しみのどん底を経験したものの、結局その彼と付き合えている自分は「強運!」と思えるだなんて……。よほど大好きな人と巡り会えたのですね。3度目の正直と言うし、今度は末永く続けてください!


■「お腹がすいたと思ったら、いつも食べ物をもらえる。お金がなかったときに、街頭アンケートに答えてお金をもらえたこともあるし」(28歳/生保・損保/事務系専門職)



ピンチをうまく乗り越えられるというのも、強運キャラの特徴のひとつかもしれませんね。彼女の「お腹がすいた」という状況を、どれほど深刻なピンチとみなすべきかは謎ですが……。


■「なんだかんだで、健康で過ごせているから。コンクリートに頭をぶつけたときも、1週間で退院しました」(24歳/学校・教育関連/教諭)



タフな発言で驚かせてくれたこちらの女性曰く、彼女の弟さんは「何度も外科で手術されているにもかかわらず、今も生きている」とのこと……。どうか2人とも、このまま安全に、健康にお過ごしくださいね(いくら強運とはいえ、油断などされぬよう)。


以上、すべて自称強運という女子たちからの声でした。やはり自分が強運か否かを決めるのは、自身の考え方ひとつによるようですね(笑)。たとえば「何事もない人生」に対して、「だから私は強運だ」と思うのか「だから私はたいして運がない」と思うのかは、その人次第。それなら、誰に迷惑をかけるわけでもないし、「私ってラッキー」と思い込んで生活して行ったほうが幸せなうえ、本当の強運を引き寄せやすそうですよね。あなたは、運がいいと思うタイプですか? それとも、たいして運がないと思うタイプですか?


(つくしの万葉+プレスラボ)


『escala cafe』にて2011年8月にWebアンケート。有効回答数281件(escala cafe会員)。



■関連リンク
【幸運体質への第1歩!?】「運をつかむラッキー行動」診断
【働く女子の実態】あなたの隣の「運のいい人」ってどんな人?
【働く女子の実態】よい運気を呼び寄せるには? パワースポットでの過ごし方

お役立ち情報[PR]