お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド 生活

従順なイメージの「犬」と天真爛漫な「猫」、あなたはどっち派?

「あなたは犬派? それとも猫派?」。これって、よく聞かれることのある定番の二択ですよね。単純な二択ですが、犬派・猫派双方の言い分を聞いてみると、なかなか熱い回答が返ってくるのがおもしろいところ。エスカーラ読者たちは、犬派と猫派のどちらが多いのでしょう。






「犬と猫なら、どちらが好きか」を働く女子に聞いてみたところ、犬派が63.7%、猫派が36.3%という結果に。


犬派に、犬が好きな理由を聞いてみたところ、「飼い主に従順なイメージがあるから」(24歳/アパレル・繊維)、「しっぽを振ったりして元気なところがかわいい」(25歳/その他)、「忠誠心があるところ」(24歳/学校・教育関連)などのコメントが集まりました。従順さや素直さは、犬派からは必ずと言っていいほど出てくるコメントですよね。


犬派より少ないとはいえ、猫派も負けられません! 昨今の猫カフェブームで、勢力を増している(かもしれない)猫派の意見はこちら。「上目づかいでゴロゴロと甘えられるとき、かわいい」(26歳/生保・損保)、「つんとしているようで、たまに甘えてくるところ」(25歳/情報・IT)、「天真爛漫なところ」(27歳/団体・公益法人・官公庁)、「自由気ままなところ」(28歳/機械・精密機器)など。いわゆる「ツンデレ」という言葉がぴったりの猫ちゃんたちに惹かれるコメントを見ていると、まるで美女に翻弄される男性のコメントのようです! 女子たるもの、猫が飼い主を惑わすように、男性を惑わす女になりたいものですね……。


アンケートを取ってみておもしろかったのが、犬派の人たちからは、「猫はキレイ系、犬はカワイイ系。犬のほうが愛着を持てる」(23歳/商社・卸)、「犬のほうが人間に忠実そうだから」(29歳/機械・精密機器)、「猫は自分勝手だから」(28歳/商社・卸)など、「猫と比べて○○だから」という意見が多く寄せられたこと。犬派の中には、猫の自由奔放さに傷心した経験を持つ人も少なくないのかも?


そんな犬派たちの意見にもめげず猫派たちは、「気まぐれで普段は放っておいて! という雰囲気をかもし出しているけど、たまに甘えてくるとき本当にかわいいなと思う」(25歳/自動車関連)、「のびをしたとき、夜目が大きいとき、ふとした瞬間に甘えてくるとき、ただひたすらかわいいと思います」(28歳/商社・卸)、「寝ている顔やしぐさ。猫じゃらしなどおもちゃで遊んでいるところや、高いところまでひょいひょい上っていけるクールさ。猫カフェなど、小さな部屋の中で触れ合うことができる」(25歳/ホテル・旅行・アミューズメント)など、萌えポイントを熱い思いのこもった文章で書き綴っていました。


それぞれに思うところがあると思いますが、「とにかく猫が好き!」というみなさんにも、「猫のかわいさがイマイチわからない」という犬派のみなさんにもオススメなのが、10月5日にDVDがリリースされる『キミとボク』。主演の中村蒼さんが、ペットの猫(声・坂本真綾さん)と過ごす日々を描いたこの映画を見れば、「自分勝手」「気まぐれ」なだけではない猫の魅力が発見できるかもしれません。もちろん、猫派のみなさんは、あまりのかわいらしさに「にゃーーん!!」と叫んでしまうことまちがいなし!


動物DVDに癒されて過ごす秋の夜長も悪くないですよね。ひとり暮らしでペットが飼えない筆者は、とりあえず『キミとボク』で癒されたいと思います!


(プレスラボ)


『escala cafe』にて2011年9月にWebアンケート。有効回答数336件(escala cafe会員)。



■関連リンク
【とにかく猫がかわいい!】感動して泣ける話題の猫映画とは……
【働く女子の実態】女子たちが落ち込んだときに観る映画
【働く女子の実態】女子たちのちょっと変わったペット特集

お役立ち情報[PR]