お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

「前向き女子」に聞いた、本当の自分を出すための秘訣

自分らしくイキイキとしている人って、性別や年齢を問わず魅力的ですよね。職場で過ごすとき、友人といるとき、彼氏といるとき……。自分らしくありたいと思いながらも、実は「本当の自分を出せない」なんて悩んでいる人も多いのでは? そこで、「前向き女子」のみなさんに、イキイキ思考術を聞いてみました。






■まずは自分のことを好きになる(27歳/商社)

「少し前までは会社の人に嫌われるのが怖く、意見を合わせてばかりいて……そんな自分が嫌いでした。『嫌われるのを恐れるのではなく、まずは自分のことを好きになろう』と考えて、自分のために時間を使うように。資格取得やダンスのスクールに通って、会社の外とも積極的にかかわるようにしました。その後のほうが、社内での関係もよくなったと思います」


自分を好きになる第一歩として、何か新しいことをはじめてみるというのは名案かもしれませんね。


■その日のうちにリセット(27歳/医療)

「発言がネガティブだと、どんどん根暗になっていく気がするので、できるだけポジティブなことを言うようにしています。また嫌なことがあった日は、寝る前に布団の中でよかったことを無理やりにでも思い出して、その日のうちにリセット。毎日新しい自分が生まれる、というふうに考えます」


嫌なことをひきずると、いつまで経ってもつらいまま。気持ちの切り替えが上手にできるといいですよね。


■失敗は自分に足りないものを教えてくれている(24歳/アパレル)

「『失敗は、自分に今足りないものを教えてくれているんだ』と考えるようにしています。きっとそのとき失敗せずにやり過ごせても、ほかのタイミングで出てきてしまうかもしれない、それなら今経験できてよかった! そう考えると、失敗もそんなに悪いものではありません」


うーん、ポジティブ! 失敗すると落ち込んでしまうのが普通ですが、こう考えたら軽減されるかも!?


■自分で自分を褒める(34歳/情報・IT)

「この歳になると誰も褒めてくれないので(笑)、自分で自分を褒めてあげます。『さっきの電話対応はわれながらよかった』とか、『あのタイトなスケジュールでよく納品した』とか……」


自分で自分のことを蔑みがちな筆者ですが、たまには褒めることも大事なのだと思いました!


■人のいいところを見つける練習(28歳/美容師)

「悪いところばかり見ると卑屈っぽくなるので、普段から人でも物でも、いいところを見つけられるよう練習しています。たとえば『ポストは足が細いのに大きい体を支えていて偉いな』とか。何でもないことが素敵なことに見えてくるから不思議です」


ポストのいいところまで見つけるなんて、さすが「前向き女子」!


考え方が前向きだと、言動もポジティブになりますよね。みなさんは、「前向き女子」的な考え方をしていますか?


(栗本千尋+プレスラボ)



■関連リンク
【モチベーション探し診断】仕事のやりがいはある?
【働く女子ランキング】「ポジティブな人の特徴」って?
【働く女子の実態】よい運気を呼び寄せるには? 女子が気になるパワスポ

お役立ち情報[PR]