お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 節約・貯金

持ち家? 賃貸住宅? 「将来の住まい選びで気をつけたいこと」

持ち家と賃貸住宅のどちらに住むか……。住まい選びの永遠のテーマともいえる問題ですね。エスカーラのアンケートでは、約70%の女性が持ち家に住みたいという結果になりました。賃貸よりマイホームという流れのようですが、実際にはどのように考えたらいいのでしょうか?

トータルコストは引き分け!

一番気になるのは、必要になるお金。持ち家と賃貸住宅でのトータルコストを考えてみましょう。

持ち家でかかるお金は、購入時に頭金と諸費用(不動産取得税、ローン手数料など)、入居後は住宅ローンの返済、固定資産税、維持費用(マンションは管理費や修繕積立費、一戸建ては補修費など)が必要になります。

賃貸住宅では、契約時に敷金や礼金、更新時には更新料、入居中は家賃が必要になります。

同程度の物件で持ち家と賃貸住宅で必要になるお金は、ほぼ同じになることが多いのです(持ち家のローン返済中の間)。賃貸住宅の場合、住んでいる間は家賃がずっと必要になり不利に思えますが、持ち家ではリフォームや修繕費用が何百万円にもなることも。固定資産税なども考えると、一概にどちらがお得ということは言えません。

では、それぞれのメリットとデメリットを詳しくみていきましょう。

持ち家:老後は安心、ローンが心配

持ち家のメリットは、ローン返済後は資産になるということ。老後も安心して住み続けることができます。また、間取りや設備を希望のものにし、ペットやガーデニングなどを楽しむ家づくりができるのは持ち家の醍醐味ですね。

デメリットは、住宅ローンの返済が絶対であること。返済が滞ると、マイホームを手放さないといけないこともあります。収入が減っても関係ありません。また、今回の震災のように、マイホームに住めなくてもローンだけが残るということもあります。どのような状況になっても返済し続けられる金額で、ローン設計をしておきたいものです。

賃貸:リスクは少ないけど、老後が不安

賃貸のメリットは、住まいのコストが一定化できること。設備が壊れても修理代を出す必要がありません。また、震災などで家に住めなくなったとしても、賃貸なら借り直せばいいので、住まいのリスクを負わずにすみます。

デメリットは、家賃を払い続けないといけないこと。特に、老後の家賃支払いが心配です。最近では、高齢者向けの賃貸住宅なども増え、老後の賃貸住宅探しに困ることは少なくなりました。家賃さえ準備できれば、老後の賃貸生活も大丈夫そうです。

ライフステージに合わせた住まい選びを!

エスカーラ世代にとって、これからの生活は結婚、出産、育児などいろいろなライフステージに直面するでしょう。そのときどきにベストな住まいは変わるのではないでしょうか? 結婚直後は通勤に便利な都心、子どもができると保育所事情などの子育て環境が充実しているエリア、老後は車なしでも生活できる商業地域など。

ライフステージごとに最適な住まいエリアが変わるのですから、賃貸でそのときどきのベストな住まいを選ぶのもいいでしょう。もちろん、こだわりのマイホームで生活を満喫し、それを売却して次の住まいへというのもいいかも。そのときは、売却時に資産価値の下がりにくい物件(駅近、人気エリアなど)を選んでおくのがポイントです。

どのような家がベストかは、それぞれの考え方によって変わってきます。また、買うのも借りるのも、大きな買い物となります。どのような暮らしをしたいかを考えて、住まいを選びたいですね。

『escala cafe』にて2011年7月にWebアンケート。有効回答数495件(escala cafe会員)。

お役立ち情報[PR]