お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド 生活

毎日魚を食べる女子はわずか7.5%! 「魚離れ」で不足してしまう栄養素って?

あなたは毎日お魚を食べていますか? 働く女子にアンケートをしてみたところ、「毎日食べている」と答えた人は全体のたった7.5%。朝食にはアジの開き、夕食にはお刺身……といった具合に、かつて食卓には必ずといっていいほど魚が登場していた「魚大国」日本。しかし日本の食文化が大きく変容を遂げていることもあり、日本は「魚を食べない国」になりつつあるようです。






一週間のうち魚料理を食べる回数は、「3-5食ぐらい」がもっとも多く、38.5%。次いで「1-2食くらい」が33.8%と、こちらも少ない結果に。まったく食べなくなったわけではないけれど、現代の働く女子にはお魚が足りていないのかも……。魚離れによって、私たちにはどんな栄養素が不足してしまうのでしょうか?


私たちは普段、お魚やお肉を食べることで、「油=脂質」を摂取しています。「油」というとなんだか健康によくないイメージがあるけれど、油には体に不可欠な「よい油」もあるんです。それは、コレステロール値を抑制し、生活習慣病へのリスクを軽減してくれる「不飽和脂肪酸」。その中でも特によいとされているのが「オメガ3」という栄養素です。


アンチエイジングの専門家・順天堂大学大学院の白澤卓二教授によれば「『オメガ3』という種類の油には、脳細胞の機能を改善し認知症を予防したり、血液を固まりにくくして血栓を予防したり、中性脂肪を減らしたりといった効果が期待できます」とのこと。この「オメガ3」は、魚に多く含まれる「フィッシュオイル」から摂取することができるのだそうです。魚の摂取不足は体に必要な“よい油”不足につながってしまうんですね。白澤教授も「現在の日本人の魚不足は、身体に悪い影響を及ぼす可能性がありますので、魚の摂取量を見直す必要があると考えます」とコメント。もう一度、魚を食べる習慣について見直す必要がありそうですね。


ちなみに、予防医学先進国のアメリカでは、足りない栄養素の補給のためにサプリメントが普及。「フィッシュオイル」のサプリメントを摂取している、または摂取経験がある人が41.7%(大塚製薬調べ)もいるという。毎日魚を食べるのは難しいという人も、「フィッシュオイル」の含まれたサプリメントを持ち歩くなどして、賢く栄養を補っていきたいですね。


(小野田弥恵/プレスラボ)


『escala cafe』にて2011年7月にWebアンケート。有効回答数278件(escala cafe会員)。



■関連リンク
【今注目の栄養素!】「フィッシュオイル」を賢く補うには?
【escala生活白書】サプリメントをとってますか?
【働く女子の実態】あなたは肉食派? それとも、魚食派?

お役立ち情報[PR]