お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

19話 浮気かしら


立花さんと週末に食事……とっさに、
先週お会いした時の、あの丹精な横顔が浮かんでくる。

あと、ケンカした時の透の怒った顔、
「倒産するかも」といった美也子の声、
そんなものが頭の中をぐるぐる回って、
すぐには返事ができなかった。
「あの……」
それに断ってもいいと言われながらも、
本当に断ったりしたら、気まずくなって、
当社から家具を買いにくくなったり……しないかな?

それに……立花さんは考え方も気持ちも大人だし、
わたしの仕事ぶりも、ほめてくれたし、
もう一度会って、話をしてみたいと思う。

「ごめんね。いきなり仕事中にこんな話……」
わたしは受話器を手で囲み、声が漏れないようにいった。

「いえ、ムリじゃなくて、もう一度お会いしたいです」
「わかりました。ありがとう。
じゃあ、ぼくの仕事用のアドレスにメールください」

どうしよう。お話受けちゃったけど、
これってやっぱり“浮気”になるのかな?
でも立花さんとの食事が、わたしにはとても楽しみだった。
海棠瑞希(27)
オフィス家具メーカーの営業事務職。趣味はフラワーアレンジメント。
山野 透(29)
大手商社のシステム部に勤務。上司が起業した会社に転職を決意。
立花貴史(31)
医療器具販売会社の経営陣。かなりの美形。
白石由美(25)
瑞希の後輩で同じ会社の営業事務職。
赤羽美也子(27)
フラワーアレンジメントの教室で知り合った友人。
大島洋幸(38)
瑞希の課の上司。瑞希の働きぶりを頼もしく思っている。
山野美代子(56)
透の母。今回の透の起業は寝耳に水で非常にうろたえている。

お役立ち情報[PR]