お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

18話 お誘い


金曜の夜、透と口論になり部屋を飛び出したので、
土曜日、日曜日は、憂鬱な休日となった。

彼からもメールはないし、わたしからもしない。
このまま別れてしまうのかと思うと、
心が張り裂けそうになるけれど、でも……。

透が2人の将来を軽く考えて、
自分勝手な方向に進んでいるように思えて、
こちらから謝ろうという気には、とてもなれなかった。

そうして月曜日も何もなく、火曜日へ。
寂しさも、仕事の緊張感で、かなりまぎれるな
……と思っていると、机の上の電話が鳴った。

「おはようございます。
オフィス家具のアサクラ、海棠です」
「立花商事の立花です、海棠さんですか。
その節は本当にありがとうございました。
土曜日無事に、残りの会議卓セットが届きました」
「いえ、こちらこと誠にありがとうございます」

「それで、これはイヤだったりムリだったら、
遠慮なく断っていただきたいのですが」
「なんでしょうか?」
「この週末、ぜひ一緒に食事でもどうですか?」
海棠瑞希(27)
オフィス家具メーカーの営業事務職。趣味はフラワーアレンジメント。
山野 透(29)
大手商社のシステム部に勤務。上司が起業した会社に転職を決意。
立花貴史(31)
医療器具販売会社の経営陣。かなりの美形。
白石由美(25)
瑞希の後輩で同じ会社の営業事務職。
赤羽美也子(27)
フラワーアレンジメントの教室で知り合った友人。
大島洋幸(38)
瑞希の課の上司。瑞希の働きぶりを頼もしく思っている。
山野美代子(56)
透の母。今回の透の起業は寝耳に水で非常にうろたえている。

お役立ち情報[PR]