お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

16話 ひどい


「なんで瑞希に相談する必要があるわけ?
おれが転職するのに」

透はいかにも不愉快そうな顔をしている。
しまった。怒らせてしまった。
それに彼の質問に、何て答えたらいいのか、
ぜんぜんわからない。わたしはパニックになった。

「じゃあ、何? 瑞希はおれの勤め先によっては、
別れることも考えるわけ?」
「そんなことはないけれど……」

ああ、なんて言って説明したらいいんだろう。
ずっとものすごく不安だった、
その不安の理由を上手に説明できない。

「で、瑞希に相談してダメっていわれたら、
おれは転職やめなきゃいけないの?
ちがうだろ! 転職ってそんなもんじゃないだろ!
何だよ。もっと応援してくれるかと思ったのに、
足を引っ張られるとは思わなかったよ!」

そこまで言われると、わたしも猛然と腹が立ってきた。
「足なんか引っ張ってないでしょ!
2人の未来に関わることなのに、勝手すぎるよ!」
透に大声でそういうと、わたしは部屋を飛び出した。
海棠瑞希(27)
オフィス家具メーカーの営業事務職。趣味はフラワーアレンジメント。
山野 透(29)
大手商社のシステム部に勤務。上司が起業した会社に転職を決意。
立花貴史(31)
医療器具販売会社の経営陣。かなりの美形。
白石由美(25)
瑞希の後輩で同じ会社の営業事務職。
赤羽美也子(27)
フラワーアレンジメントの教室で知り合った友人。
大島洋幸(38)
瑞希の課の上司。瑞希の働きぶりを頼もしく思っている。
山野美代子(56)
透の母。今回の透の起業は寝耳に水で非常にうろたえている。

お役立ち情報[PR]