お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

「彼女のために仕事をがんばろう!」と彼に思わせる4つの方法

付き合っている彼の仕事について、応援したいのはもちろんだけど、つい口やかましくなってしまったり、何て声をかけたらいいかわからなかったりすることってありませんか? 彼が仕事で悩んでいるときや、失敗してしまったときなど、どんなふうにサポートすれば、彼は「がんばろう!」という気持ちになってくれるのでしょう。言われてうれしかった励ましの言葉について、社会人男性に聞いてみました!






■「どんなときも味方で」(34歳/IT)

「単純に『がんばって』と言われるのもうれしいけれど、仕事でうまくいかなかったときに、彼女から『私は、どんなときもあなたの味方』というメールが来たときはうれしかったです。仕事で失敗したときの落ち込みや孤独感はハンパじゃないから」


どんなときも味方、応援してくれている……そんな存在が身近にいたら、すごく心強いですね!


■「手料理! コレに尽きます」(30歳/放送)

「栄養満点の手料理を作ってくれるのはうれしい。身体を心配してくれていると実感するので。会えない日でも、彼女から『栄養バランスを考えた献立、○○くんのためにたくさん練習しておくね♪』と料理の写メ付きで送られてきたときはグッと来てしまった。仕事のアドバイスをされたりするよりも、こういうほうが『うれしい応援』だと思う」


やっぱり、胃袋を掴むことは重要? 共働きの時代とはいえ、パートナーの健康管理ができる女性の人気は根強いようです。


■「『がんばれ♪』と加工された彼女の画像」(28歳/食品)

「『がんばれ♪』と文字が入った、彼女のかわいい写メが送られてきたときはうれしかったです。疲れたときに見てしまう」


自分の写メを加工して送るなんてちょっと恥ずかしい! ですが、大好きな恋人の写真に癒されるのは、男女ともに同じなんですね。


■「彼女の笑顔が仕事の励みに」(28歳/不動産)

「デートのときに彼女が楽しそうに笑顔でいてくれるのが一番仕事の励みになります。わがままだけど、平日は忙しくて連絡ができなかったりしても、文句は言ってほしくない。プレッシャーに感じてしまうので。彼女と楽しい時間を過ごせれば、週末のデートのためにがんばろう! と思えて仕事がはかどります」


忙しい彼には不満をぶつけたくなってしまうこともあるけれど、楽しい時間を作ってあげることができれば、それが普段がんばる彼へのご褒美になるのですね。


「彼女には、自分の仕事の話にあまり口を出してほしくない」(33歳/機械)という男性もいるように、直接的に仕事に関することではなく、仕事とは別の場所からアプローチすることが彼の応援になることも多いよう。まず彼の気持ちを考えて、“応援の押しつけ”をしないようにすることが大切なのかもしれませんね。


(桜まゆみ+プレスラボ)



■関連リンク
【胸の奥に届け】彼の心に響く“恋言葉”診断
【働く女子の実態】秘密があるほうが飽きない? 「恋人との仲が長続きするコツ」
【働く女子の実態】長い間彼氏ができない本当の理由は?

お役立ち情報[PR]