お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

葬儀・告別式のマナー

びくびくしない葬儀のマナー
葬儀・告別式のマナー
仏式葬儀・告別式
通夜とは別の日に、故人と最後のお別れをする葬儀・告別式が行われます。通夜のときのように、焼香などで故人を弔う儀式を行い、式が終わった後には、祭壇から棺を下ろし、最後の対面をします。その際に、棺に花や故人の愛用品などを納めます。その後、棺が閉められ、霊柩車に運ばれます。車が動きだすときには合掌をして見送ります。
神式葬儀
神式の場合、斎場に入る前に手水(ちょうず)を使って身を清めます。神社に参拝する際のお清めと同じ原理です。手水は、右手にひしゃくを持ち、桶から水をくみ左手にかけ、その後持ちかえて右手にかけます。もう一度ひしゃくを右手に持ちかえ、今度は、水を左手に受けて口をすすぎます。その後、「玉串奉奠(たまぐしほうてん)」という儀式をします。仏教でいう焼香と同様の意味をもちます。手順は、右手で玉串(神前に供えるサカキなどの常緑樹の小枝に、紙の幣(ぬさ)あるいは木綿(ゆう)をつけたもの)の根元部分を持ち、左手で葉を下から支え、玉串を受け取ります。玉串の根元を左手に持ち替えて、時計回りに半回転させます。その後、玉串の根元を祭壇に向けて供えます。3歩退いて遺影をあおぎ、二礼、二拍手(音をたてない)後、一礼して終わりです。
キリスト教式葬儀
棺を祭壇に移したら、聖書朗読、聖歌や賛美歌、追悼説教、弔辞、弔電の朗読、献花などが行われます。仏教の焼香にあたる献花は、まず、祭壇の手前で花を受け取ります。そして、祭壇に進んで、一礼します。花を自分に向けて持ち、時計回りに半回転させ献花台にささげます。その際、信者の人は十字架をきり、信者以外は黙祷して、下がって遺族に一礼して終了です。
社葬・団体葬
社会人になって参加する可能性が高いのが社葬や団体葬かもしれません。仕事の関連で参加する可能性もあるので、きちんとしたマナーで対処しましょう。葬儀の流れとしては個人葬と同じですが、受付での記帳の際に所属する会社名や団体名の入った名刺を必ず渡します。もし、上司の代理で出席した場合は、社名と上司名、役職を記帳します。代理の「代」という字を書き、その下に自分の名前を記しておきます。なお、仕事関係の参列者が多いでしょうが、葬儀会場での名刺交換などは控えてください。そして、葬儀後、仕事に戻るのならば、斎場を出るときに足元に塩をまき、3回踏む方法で身を清めます。
葬儀終了後のマナー
霊柩車が去った時点で、自然解散となります。急がずゆっくりと帰途につきます。帰り道でのマナーとして、故人の話題や噂話をするのは避けましょう。また、「葬儀のあとは別の道を通る」とするならわしもあるようです。気になる方は、別の道で帰るといいかもしれません。弔いのあとは死の穢れを清めるため塩をふります。一般的には、自宅の玄関の前で自分にふりかけますが、もし、家に人がいるのならば、胸や背中、足元にかけてもらいます。
最後に
今回、ご紹介したのは、基本的なマナーです。もっと詳しく知りたいという方は、オススメのリンク集から調べたり、マナー関係のテキストで調べてみてください。しかし、マナーはたくさんあれど、故人との最後のお別れを気持ちよく終えることが一番重要です。表面的なマナーだけでなく、気持ちの面で故人を弔いましょう。
お役立ちリンク集
「All About」(葬儀・法要のマナー)
「失敗しない為のお葬式・葬儀の基礎知識」
「いい葬儀.com」
「葬儀ベストネット」

お役立ち情報[PR]