お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド 生活

イエノミ&女子会にも! クセになる味わいの『イタリアンラー油』って?

昨年ブームになった「食べるラー油」。ご飯、冷やっこ、サラダやそのほかの料理にも、ちょっと加えるだけでいつもとひと味違うおいしさになると、ハマった人も多かったはず。そんな「食べるラー油」として昨年「ぶっかけ!おかずラー油」を出したエスビー食品から、この春、新商品がデビュー! 中でも、『落合シェフのかけチャオ!イタリアンラー油』は、ラー油とイタリアンがコラボするというユニークさが目を引きます。この『イタリアンラー油』は、あのイタリア料理の人気シェフ・落合務さん監修で、オリーブオイルをベースにフライドガーリック、アンチョビ、オリーブなどのイタリア料理の食材が入った「食べるラー油」なんだとか。どんなものなのか、実際に試してみました!






さっそく試してみたのは、目玉焼きとの組み合わせ。普通、しょうゆや塩などで食べることが多い目玉焼きですが『イタリアンラー油』をかけてみたところ、ラー油の味に加え、オリーブオイルのまろやかな風味が口の中に広がり、しかも、アンチョビの味がたまごにマッチしておいしい! それに、ラー油独特の辛さはほとんどなく、ほんの少しピリ辛に感じるくらいなので、辛いのが苦手な人でも食べられそう。いつもよりちょっとおしゃれにイタリアン風の朝食を楽しみたいときなど、目玉焼き&『イタリアンラー油』はオススメ!


次に試してみたのは、ブルスケッタ。作り方は、超カンタン♪ フランスパンに『イタリアンラー油』をのせて、トースターで焼くだけ。『イタリアンラー油』に入っているフライドガーリックがアクセントとなり、まるでガーリックトーストのよう。ついつい「もうひとつ……」と手が伸びてしまうほどクセになる味わいです。フランスパンさえあればできるお手軽な一品なので、料理が苦手な人でもOK!


そのほか、カルパッチョなどの魚料理に使ったり、パスタと合わせたり、チキンソテーのソースがわりに使うなどもGood! 『イタリアンラー油』は幅広い料理に合う上、おいしくておしゃれな料理がカンタンにできるから、ちょっとしたパーティやイエノミ&おうち女子会でふるまう料理にも最適です☆


(戸川光里)



■関連リンク
【辛さがクセになる万能調味料】エスビー食品 ラー油関連商品
【働く女子の実態】得意料理でわかる? 料理上手と料理が苦手な女子のちがい
【20代女子ランキング】女子に聞いた「女友達の家でチェックするところ」

お役立ち情報[PR]