お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

香典のマナー

びくびくしない葬儀のマナー
香典のマナー
いつ、どうやって渡すの? 参加できないときはどうするの?
香典とは、故人へ添えるお香やお花に代わって金銭を包むこと。通夜か告別式のどちらかに持参するのが通例です。両方に参加する場合は、通夜の時に持って行きましょう。 また、通夜や告別式に参加できない場合は、現金書留で郵送してもかまいません。香典は「不祝儀(ぶしゅうぎ)袋」に入れ、お悔やみの手紙を添えて送ります。宛先は葬儀会場ではなく、基本的には喪主となります。
不祝儀袋に包む金額は?
不祝儀袋に包むお金はどういったものを使えばいいのでしょうか。「新しいお札を使ってはいけない」、「新札を使うなら折り目をつけないといけない」といったことを耳にしたことがある人は多いかもしれません。確かに以前は、そう言われてきましたが、近頃では、受け取る側がキレイなお札の方が感じがいいと思うようです。どちらを使うかは個人の判断によるとは思いますが、もし、新札を包むというのであれば、わざわざ折り目をつける必要はありません。また、気になるところは、「どのくらいの金額を包めばいいの?」ということ。自分と故人との関係によって包む金額も変わってきます。おおよその目安は下記の通りです。
故人との関係
金額
兄弟姉妹
50,000円
祖父母・親戚
10,000円
仕事関係、友人・知人
5,000円
不祝儀袋について
[ 不祝儀袋の種類 ]
不祝儀袋にはさまざまな種類があります。包む金額や宗教によりどの袋に包むのか考慮します。水引(不祝儀袋を結んでいる紐のようなもの)の色、装飾、紙質、折り方などを見て、包む金額に合ったものを選ぶのがベター。最近は、表書きの種類が差し替え可能な不祝儀袋も販売しています。どういった宗教の葬儀かすぐにわからない場合は、こういうタイプのものを使用するのもオススメです。
仏式の葬儀の場合
「御香典」、「御香料」などの書かれた表書きを使用する。水引は黒白か双銀
神式の葬儀の場合
「御玉串(たまぐし)料」、「御榊(さかき)料」、「御神前料」などの表書きのを使用。水引は双銀か白黒
キリスト教式の葬儀の場合
水引のない封筒で。カトリックの場合は、白封筒に「お花料」、「御ミサ料」の表書き、プロテスタントの場合の表書きは「お花料」
どの宗教の葬儀か
わからない場合
「御霊前」と書かれた表書きのものを使う
[ 金額や表書きの記し方 ]
不祝儀袋に包む現金は、付属の中袋に入れます。その中袋の表の中央に、つつんだ金額を、裏側の左下には住所と氏名を書きます。その際、ボールペンではなく、毛筆または筆ペンを使ってください。金額は漢数字(壱、弐、萬など)で書くのが正式です。書き終わったら、お札の方向をそろえて中袋に入れます。次に、中袋に外袋を重ね、外袋の下を折ってから上を折り重ねます。なお、表書きの名前などは、薄墨の毛筆を用いて書きます。
友人・知人の場合の表書き
袋の下段中央にフルネームで自分の名前を書きます。さらに、自分の住所を名前の右横か裏面に記入する
仕事関係者の場合の表書き
自分の名前の右横少し上に、小さな文字で会社名・役職などを書く
連名の場合の表書き
下段の中央から目上の人から順に記入
グループの場合の表書き
グループ名を下段中央に記入し、全員の名前を書いた別紙を現金と一緒に入れる。グループ内で香典の額が違う場合は、別紙の名前の下にそれぞれの金額を書いておく
ふくさの包み方
ふくさとは、慶弔時に用いる金封を包んで持参するための絹の布のことです。ふくさを用いることは、マナーですので、基本的な包み方を覚えておきましょう。
ふくさの包み方
(1) つめ(布を閉じるときに使うボタンのようなもの)が左にくるようにひろげ、表書きが上に向くように置き右側からたたむ
(2) 下側をたたむ
(3) 上側をたたむ
(4) 左側をたたみ、裏側のつめをとめる
供物・供花って?
霊前に供えるものを「供物」、お花を「供花」といいます。エスカーラ世代では、個人で贈ることは少ないかもしれませんが、会社や団体で贈るときに、手配を任されることもあるでしょう。供物は、線香やろうそく、果物が一般的です。奉書紙で一枚包みにし、不祝儀の水引をかけ、神物盆にのせて贈ります。供花の場合は、生花と花輪があります。会社など団体では、花輪を出すことが多いようです。もし、手配しなければならなくなった場合は、花店に日時を指定して送ってもらったり、葬儀社から届けてもらうように取り計らいます。供物・供花をスムーズに手配できたら、きっと会社での株が上がること間違いなし!

お役立ち情報[PR]