お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

38話 好きでない人には


「ああ、疲れた」
寧々ちゃんから散々ノロケ話を聞かされたせいか、
家に帰って靴を脱ぐ時、思わずそんな独り言が出た。

そうやっぱり、寧々ちゃんがうらやましい。
年末、誰もが忙しいのに、それでも、
彼女にしたい女性のため、ううん、寧々ちゃんのため、
会社を休んで時間を作る男性がいるのだ。
思わず、深いため息が出る。

でもその時、コートのポケットで携帯が震えた。
やった、橋場さんだ!
……と思ったら、坂崎くんからのメールだった。

「土曜日はわざわざ来てくれて、本当にありがとう。
同窓会会場、正式に予約がとれました。
これで予定が進められます。とりあえずご報告まで」

「なあんだ」と、また独り言を言うと、
部屋の中がさらに冷えた気がした。

「ご報告、ありがとうございます。
後の実務、まかせっきりですみません。
こちらの進行も、随時お知らせします。
よろしくお願いします」
そう、思いっきり事務的なメールを返信してしまった。
山際さくら(27)
食品メーカーで一般職勤務。がんばり屋でしっかり者。
美浜 杏(27)
さくらの高校時代の友人で、損害保険会社に勤務。
橋場健斗(31)
製薬会社に営業職で勤めている。仕事にとても積極的。
坂崎 新(27)
さくらの高校時代の同級生で、地元の航空会社に勤務。
朋納寧々(23)
さくらの会社の後輩。かわいい外見の上、親が裕福なお嬢様。

お役立ち情報[PR]