お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

35話 わたしは大丈夫?


ホールの下見をした後、坂崎くんとは、
駅近くの居酒屋で、少し飲むことにした。
「懐かしいなあ。他のみんな元気にしてる?」
「どうしてるか知っているのは、男が多いな。
でもチーズ工場が撤退して、失職したヤツ多くて。
他に産業が少ないから再就職がたいへんみたい」
「同級生がリストラなんて、何だか怖いね」
「うん。空港は大丈夫だと思うけど、落ち着かない」
「そうだよね。で、女子は……無事なのかな?」
わたしは好奇心を抑えきれず、聞いてみた。

「知ってるのは高崎さんが富岡先輩と結婚したのと、
鈴木の玲子ちゃんが吉田と結婚したくらいかな」
「うわー、鈴木玲子ちゃんって美人なのに」
「吉田は、親の板金屋を継いで繁盛してるから。
でも他の女子も、結婚した人はかなり多いみたい」
「へえー」
と、鈴木さんの話に驚いたフリをしながら、
本当は結婚した同級生がかなり多いのに驚いていた。

「そっか。でも正直、結婚した人が多いのは、
ちょっと焦るかなあ。わたしには兆しもないし」
酔っていたからか、わたしは自分に素直だった。
「大丈夫。山際さんはちゃんと東京で活躍してて、
すごいと思うよ。まぶしいくらいだよ」
坂崎くんに慰められて、わたしは少しだけ
元気を取り戻した。
山際さくら(27)
食品メーカーで一般職勤務。がんばり屋でしっかり者。
美浜 杏(27)
さくらの高校時代の友人で、損害保険会社に勤務。
橋場健斗(31)
製薬会社に営業職で勤めている。仕事にとても積極的。
坂崎 新(27)
さくらの高校時代の同級生で、地元の航空会社に勤務。
朋納寧々(23)
さくらの会社の後輩。かわいい外見の上、親が裕福なお嬢様。

お役立ち情報[PR]