お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

13話 ふたりでときめきを


土曜日、待ち合わせ場所にはわたしが先に着いた。
でもターミナル駅周辺はすごい人で、
この状態では橋場さんと、会えない可能性も……。
そう思った時「お待たせしました!」と、
後から軽く肩をたたいて当人が現れた。

ハッとして振り返ると、見とれてしまうくらい、
印象的な笑顔の橋場さんがいる。

「じゃあ、行こうか」
橋場さんは人の流れが多すぎて進みづらい道を、
とても上手なエスコートでストレスなく歩かせてくれる。
わたし男の人に、こんなに大事にされたことないかも。

映画も、世界的な大スターが出演する、
アクションとラブストーリーのドキドキする展開で、
一瞬も飽きることなく2時間が終わってしまった。

橋場さんは途中で2回ほど、わたしの耳に口を近づけ、
ちょっとした映画の感想を囁いた。
「ぼく、ああいうカッコイイ女の人、好きだな」

その「好きだな」で、たぶん顔が真っ赤になった。
でも映画館の中は暗い。
きっと彼にはわからなかっただろうと思う。
山際さくら(27)
食品メーカーで一般職勤務。がんばり屋でしっかり者。
美浜 杏(27)
さくらの高校時代の友人で、損害保険会社に勤務。
橋場健斗(31)
製薬会社に営業職で勤めている。仕事にとても積極的。
坂崎 新(27)
さくらの高校時代の同級生で、地元の航空会社に勤務。
朋納寧々(23)
さくらの会社の後輩。かわいい外見の上、親が裕福なお嬢様。

お役立ち情報[PR]