お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

11話 ときめきと義理と


橋場さんに飲み会後の挨拶メールを打つと、
両腕を上に伸ばして、力いっぱい伸びをした。
さて、せっかくの休日、買い物にでも出ようかな。
そんなことを考えていると、携帯がヴヴヴッと震えた。
あ……橋場さんから、もう返事だ。

「メールありがとう。昨日はぼくも楽しかったです。
もらったチケットがあるので、
よかったら来週土曜日、映画を見に行きませんか」

うそ、なんて早い展開!
こういう時は考えたらダメ。返事は即行だ。

「うれしい! ぜひ連れて行ってください」

こうして待ち合わせの場所も時間も、すぐに決まった。
よし、新しい服を買いに行こう……と思うと、
再び携帯が震えた。あ、こんどは坂崎くんからだ。

「たいへんごぶさたしております。坂崎です。
幹事を引き受けてくれて、ありがとう。
急で申し訳ないですが、ぼくは来週東京出張なので、
どこかで打ち合わせできないでしょうか」

えっ、来週は橋場さんと映画を見る約束なのに。
やだな……どうしよう!?
山際さくら(27)
食品メーカーで一般職勤務。がんばり屋でしっかり者。
美浜 杏(27)
さくらの高校時代の友人で、損害保険会社に勤務。
橋場健斗(31)
製薬会社に営業職で勤めている。仕事にとても積極的。
坂崎 新(27)
さくらの高校時代の同級生で、地元の航空会社に勤務。
朋納寧々(23)
さくらの会社の後輩。かわいい外見の上、親が裕福なお嬢様。

お役立ち情報[PR]