お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

8話 ピンチヒッター


「で、実はここでさくらに、頼みがあるんだけれど」
「どんな頼み?」
杏は話のトーンを急に変え、ニコニコしている。

「実はわたし、高校の同窓会の幹事だったの。
でもこれから結婚や引越しや出産を考えると、
幹事はとても無理そうで。で、申し訳ないんだけれど、
さくら、幹事を代わってもらえないかな?」

そういって杏は、手を合わせてわたしを拝む。

「そっか。まあ事情が事情だから引き受けてあげよう」
わたしも恩着せがましい態度で、杏に微笑みかけた。

「恩に着ます。故郷ではこの人が動いているから、
実際そんなに仕事はないと思う。
同窓生には独身男性もずいぶんいるから、
思わぬ出会いがあるかもよ」

杏は一枚の名刺をわたしに渡した。

「『坂崎新』って、あれ、どんな人だったっけ?」
「ほら委員長だよ、あの真面目だった委員長」
「ああ、なんだ」

思わぬ出会いって……これじゃあ期待できないな。
山際さくら(27)
食品メーカーで一般職勤務。がんばり屋でしっかり者。
美浜 杏(27)
さくらの高校時代の友人で、損害保険会社に勤務。
橋場健斗(31)
製薬会社に営業職で勤めている。仕事にとても積極的。
坂崎 新(27)
さくらの高校時代の同級生で、地元の航空会社に勤務。
朋納寧々(23)
さくらの会社の後輩。かわいい外見の上、親が裕福なお嬢様。

お役立ち情報[PR]