お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

聞く? 聞かない? 働く女子が気になる「彼のお給料」

恋人のお給料や年収を聞いたことはありますか? 結婚を視野に入れてもそうでなくても、たとえば「デートの予算はどのくらいまでOK?」を考えるときに、お互いの懐事情は多少なりとも気になるもの。なかなか聞けない彼のお給料、働く女子はどうやって聞いているのでしょうか? 聞いてみたことのあるという女子、聞いたことはないという女子両方に、話を聞いてみました。






□「聞いたことがある!」派

■お金目当て!?(24歳/アパレル)

「公認会計士をしている彼。あんまり深く考えず、ストレートにお給料を聞いてみたことがあります。あっさり教えてくれたけど、『給料聞く女って、あまり好きじゃないな』とポツリ。たとえ高給でも、お給料って男性を刺激してしまうポイントなんだなと学びました……」


このあと、彼に「お金目当てで付き合っているの?」と不安げに確認されたそう。


■特殊な職業だと聞きやすい?(26歳/教育)

「彼は特殊な仕事をしているので、どれくらいお給料をもらっているのだろうと興味本位で聞いたことがあります。『あなたはどれくらいもらっているの?』ではなくて『イルカの調教師(仮)ってどれくらいもらえるの?』と、フォーカスするポイントを職業に当てて聞いたらすんなり教えてくれました」


特殊な職業ならでは……ですね。ちなみに彼の本当の職業はイルカの調教師ではないそうですが、ここでは秘密、とのこと。


□「聞いたことがない!」派

■聞かない理由は……(35歳/広告)

「彼より私のほうが稼いでいると思われるので聞けません。でも私は結婚しても働く気があるし、母子家庭で育ち、働く母を見ていた影響か、男性に稼いでもらう気もないんです。こんな考えだから、自分より年収の多い男性と付き合ったことがないんだけれど……」


あくまで聞かない人には、聞けない事情と聞かなくてもいい理由があるようです。


■結婚後に発覚?(27歳/情報)

「以前勤めていた会社で出会った彼と、今年結婚。私のほうが先に辞めたものの、同じ職場なので聞かなくても彼のお給料は想像できました。しかし、私が辞めたあと、不景気で社内方針が大きく変わったらしく……。彼のお給料が減っていたことを結婚後に知って、ちょっとショック!」


「2人で外食する回数を少し減らしました」とのこと。不景気、憎しです。


□その他

■なぜか自己申告(29歳/保育)

「ミュージシャン志望の彼やフリーターの彼と付き合うと、不思議なことに彼らのほうから自己申告してくるんです。それも『俺の給料は○○円だから、金銭面で期待するな』と……」


「いつか、お前のために稼げるようになるから」って言葉を添えてくれるなら! たとえ言葉だけでも。


中には「社内恋愛をしていたとき、経理担当だったので、彼のお給料もボーナスもすべて把握していた」(29歳/メーカー)という人もいました。さらに、「給料がいくらかよりも、重要なのは金銭感覚が自分と似ているかどうか。金銭感覚は日ごろの行動を見ていればわかります」(30歳/広告)なんて声も。あなたは彼のお給料、聞く? 聞かない?


(小野田弥恵/プレスラボ)



■関連リンク
【彼の気持ち、わかってる?】「オトコゴコロ理解度」診断
【働く女子の実態】理想の男性の条件「3K」が変化!? 働く女子の新「3○」
【働く女子の実態】働く女子が「最後の男」を決めた理由

お役立ち情報[PR]