お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

新年会シーズンをどう乗り切る? 働く女子の「食べ過ぎた翌朝のうまい対処法」

忘年会シーズンを終えてようやく落ち着きはじめるかと思いきや、1月も新年会など飲み会が多いもの。翌朝、「食べ過ぎちゃったなぁ……」と後悔している人もいるのではないでしょうか。働く女子のみなさんに、飲み過ぎ&食べ過ぎた日の翌朝の対処法を聞きました。

■湯船に浸かって、ひたすら半身浴!(26歳/福祉)

「新陳代謝をよくするために翌朝は早めに起きて半身浴! ひたすら汗をかくと、アルコールが抜けていくような気が……。もちろん、水分補給のためにペットボトルは必須」

ときどき、湯船に浸かりながら脚やお腹まわりもマッサージするそう。

■トマトジュースを飲む!(24歳/飲食)

「職場の先輩から教えてもらいました。トマトジュースを飲むと、口や胃の中がすっきりするので、飲み会が多いシーズンは冷蔵庫に常備するようにしています。二日酔いのときにも◎」

ほかにも「野菜ジュースを飲む」(27歳/医療)という意見もありました。食べ過ぎた日の翌朝→さっぱり系ジュースは定番のようです。

■ゼロカロリー系のものを食べる(25歳/アパレル)

「食べ過ぎた分のカロリーは3日以内に調節しましょう……と雑誌で読んだことがあったので。翌朝はゼロカロリーのゼリーや低脂肪分のヨーグルトを食べて調節します。特に体重が気になるときは、昼食もゼロカロリー系にすることも」

ゼロカロリー系といえば、ゼリーのほかにも飲料系やお菓子などさまざまな種類が登場していますよね。

■お腹を八の字にさする(24歳/不動産)

「胃のあたりから下腹部にかけて、ゆっくり八の字を描くようにさすります。おばあちゃんから教わった方法なのですが、さすっているうちに胃が活発に動いてくれるような気がするんです」

自分の胃に「がんばって!」という気持ちを込めながら、やさしくさすれば効果があるかも?

■まとめ

「食べ過ぎちゃった……」と後悔するよりも「食べ過ぎた分、がんばってカロリーを消費&調整しよう!」と前向きに考えたほうがいいかも。自分ならではの対策を考えて、新年会シーズンも楽しく乗り切りましょう。

(吉住夏樹/プレスラボ)

お役立ち情報[PR]