お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 節約・貯金

ひと工夫で大きな成果に!? 働く女子に聞く「今年こそ節約しようと思っている費用」ランキング

まだまだつづく不景気。そんななか、うまくやりくりしていくには、何かを節約することも必要ですよね。働く20代女子は、どんな費用を「今年こそ節約しよう」と思っているのでしょうか?






 

 ●第1位/ダイエットもかねて減らしたい! 「食費」……27.5%
 ○第2位/去年のものをなるべく使いまわし! 「服飾代」……20.1%
 ●第3位/病気をしないよう健康に気をつける! 「医療費」……15.3%
 ○第4位/遊びすぎないようにする! 「交際費」……8.0%
 ●第5位/電気や水はもっと節約します! 「光熱費」……7.0%
 ○第5位/大好きだけどちょっと控える。「趣味代」……7.0%
 ●第7位/去年はちょっと旅に出すぎた! 「旅行代」……4.8%
 ○第8位/長電話は禁止します! 「通信費」……3.5%
 ●第9位/化粧品は大事に使おう! 「美容代」……2.9%
 ○第10位/もう少し安いところに引っ越す! 「家賃」……1.0%

 


第1位は27.5%で「食費」でした。毎日使う食費を少しずつ節約すれば、トータルではかなりの額になるはず。材料を安く買ってきてお料理したり、お弁当を作ったり……といった努力と工夫がポイントになるかも。また、ちょくちょく買うお菓子や飲み物が意外と大きな金額になっていることもあるので、マイボトルにお茶を入れて持っていくなどの対策を講じて、うまくやっていきましょう。
第2位は20.1%で「服飾代」。手持ちの服をうまく着こなして、今年っぽさを演出できれば少しは節約できるかも? 逆に順位が低かったのは第9位の「美容代」。コスメや美容院にかけるお金は、なかなか急には減らせないと考えている女子が多いのかもしれません。
節約は無理をするとうまくいかないもの。自分のライフスタイルに合ったやり方を見つけて、うまく続けていきたいですね。そして上手に節約するためには、自分が現在何にどれくらいお金を使っているのかを、きちんと把握することが大事。家計簿をつけていないという人は、この機会に始めてみては?

 


※『escala cafe』にて2010年11月にWebアンケート。有効回答数313件(escala cafe会員:22歳-29歳の働く女性)。

 


★関連リンク
【escalaマネー白書】働く女子たちが、貯金のほかにしている「資産運用」は?
お弁当・水筒・家計簿は常識!? 20代女子が実践する「節約術」ランキング
【占い・診断】賢い女の生活の知恵!? 働きながらでもできる!「節約術」診断

お役立ち情報[PR]