お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

今年こそ脱だめんず!? 働く女子たちが掲げる「2011年の抱負」

年末の混沌とした忙しさの中をくぐり抜け、やってきた2011年元旦! 1年のはじまりということで、気持ちも新たに目標を設定する人もいるのではないでしょうか。さて、働く女子のみなさんの、今年の抱負はと言うと……?






■片づけられる女になる!(25歳/金融)

「自分の部屋があまりにも汚いので、そろそろ『片づけられない女』を卒業したいです。このままだと、友だちや彼を家に呼べないので。片づけの方法はもちろん、整理整頓された状態をキープできるようになりたいですね」


「断捨離(だんしゃり)」という言葉が流行した2010年。部屋がきれいならば、恋も幸運も舞い込んでくる、はず。


■彼に喫煙の事実を告白したい(23歳/広告)

「同棲中の彼に秘密で煙草を吸っています。彼はタバコがあまり好きではないので、2人でいるときは煙草の話もいっさいしないように気をつけているんです。でも、やはりうそはよくないと思うので……今年こそ、正直に話そうと思っています」


彼には同棲期間を含めて、1年半以上隠し通してきたのだそう。昨年の値上がりを機に禁煙……ではなくて、彼にカミングアウトするのが目標とは!


■どうにかしてだめんずから卒業する!(28歳/IT)

「ここ3年ほど、なぜかだめんずとばかりそういう関係になっているので。今年こそまじめで、なおかつ私にぞっこんになってくれる男性を見つけたい! そして、幸せなゴールインがしたいです」


巷では「○○男子」が増殖中ですが、「だめんず」も根強く残っている言葉ですね。


■楽しい人間関係を築きたい(26歳/情報)

「誰にでもいい顔をしてしまうのは、私の悪いクセだと思っています。そのクセを今年から変えたい。まずは、行きたくない飲み会は断ることからはじめたいと思います」


わかってはいるけれど、人に「NO!」というのはなかなか難しいもの。2010年にブレイクしたマツコ・デラックスさんみたいにズバッと言えたらいいのだけれど……。


ちなみに、筆者の抱負は「もっと落ち着いて物事に取り組む」こと! もともと焦りやすい性格なので、今年こそもっと落ち着いた女性になりたいのです。そのためにもまずは昨年、お茶の間をにぎわせた戦場カメラマンのように落ち着いてゆっくり話すことからはじめてみようかな……って、ゆっくりすぎ!?


(吉住夏樹/プレスラボ)



■関連リンク
【今のあなたから見えてくる?】「5年後の自分」診断
【働く女子のハッピーバランス】仕事も家庭も上手に両立するコツは?
【働く女子の実態】夢も仕事も諦めない! 「ハイブリッドワーカー」って?

お役立ち情報[PR]