お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 女性の身体

必修! 20代の婦人病ガイド

生理の不安から婦人科検診のギモンまで 
必修! 20代の婦人病ガイド
2人に1人は不安を感じています
辛い生理痛、生理の遅れ、生理前のイライラや腹痛など、女性ならではの悩みを抱えている人は多いですよね。エスカーラメンバーのアンケートによると、20代の働く女性の2人に1人が、「もしかして婦人病?」という不安を一度は感じたことがある、と答えています。ただ、不安を感じても、なかなか病院には行けない人が多いよう。婦人科検診に興味がある人がほとんどにも関わらず、その半数が婦人科検診を受けたことがありません。 ※『escala cafe』にて2008年08月にWebアンケート。有効回答数300件(20歳以上の女性)。
まずは婦人科に行ってみよう!
本当は、自分のカラダに不安があってもなくても、一度婦人科で診てもらうべき!(特に性体験のある人は必ず!) 病気を早期発見できるメリットだけでなく、“異常なし”ということがわかれば、安心して日々の生活を送ることができます。まずは下のチェックテストで、自分に当てはまる症状がないか、調べてみて。気になる症状がある人は、怖がらずにお医者さんに相談してみましょう!

あなたの婦人病危険度をチェック!
不調のサインはこんなところに! こんな変化を感じたら気をつけて

お役立ち情報[PR]