お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

「好き」だけじゃダメ? 働く女子が「最後の男」を決めた理由

彼氏がいる友人から、「彼氏と結婚まではいかない気がする……好きなんだけど」というような話を聞くことがあります。「好き」という気持ちは大前提だけれど、それだけじゃ結婚の決め手にはならないこともあるよう。それならいったい、どんなコトが決め手になるの? 結婚を決めた働く女子たちに、「この人とならやっていける!」と決断した理由を聞いてみました。






■「言ったことは絶対実行! 約束を守る彼に大きな信頼!」(28歳/飲食)

「どんな小さなことでも、自分が言ったことは全部きちんと実行してくれる彼。口だけでウマイことを言う人はたくさんいるけれど、約束を絶対守ってくれる彼だったから、結婚を決めました。大きな信頼を寄せられる相手だと思いました」


日々の小さな「有言実行」の積み重ねって、難しいですよね。それを実行してくれる相手と一緒なら、今後の人生、いろんなコトを乗り越えていけそう。


■「持病を打ち明けたとき、満足いく以上の答えをくれた人」(26歳/イベント会社)

「私は持病を抱えているんですけど、彼になかなか言い出せなかったんです。付き合って、結婚話が出たときに決死の思いでカミングアウト。そうしたら彼は『それも含めて好き』、『つらいだろうな。でもそのつらさを知っているから、今の君の人格がある』、『一緒に乗り越えていこうな』って言ってくれたんです。満足いく以上の言葉をくれた彼に、本当に感謝しています」


彼女の複雑な想いを包み込むような言葉をくれた、包容力たっぷりの彼。こんなことを言われたら、確かに「この人しかいない」と感動してしまいそう。


■「金銭感覚や人生プランなど、価値観が合う」(29歳/電機)

「以前付き合っていた彼とは、金銭感覚が合わないことが原因で結婚まで至りませんでした。その後結婚した旦那とは、金銭感覚や、『子どもは○人ほしい』などの人生プラン、家族に対しての思い、仕事と私生活のバランスなどの価値観が一致! 結婚って、そういう価値観が合うことが大切だと思います」


生活していく上で必要な価値観に、大きなズレがあったら大変。お互いに譲り合って結婚前に軌道修正しておきたいものです!


■「とにかく前向きな考え方が、私を引っ張り上げてくれる!」(28歳/化粧品関連)

「何でもマイナス方向に考えて、落ち込みがちな私。そんな私が結婚した彼は、とにかく前向きな考え方を持つ人。私が仕事や友人関係で落ち込んでいるときも、彼に相談すると、ブレない前向きな意見をくれて私を引っ張り上げてくれる。そんな彼に、いつも助けられています」


落ち込んでいる相手に共感しすぎてしまうと、ふたりでどんどん拍車をかけて落ち込んでいってしまうこともありますよね。つらい気持ちも適度に理解してくれて、多少強引にでも引っ張っていってくれる人がパートナーだったら心強いですね。


結婚は人生における大きな決断のひとつ。次回は、男性にも「結婚を決断した理由」を聞いてみたいです。


(桜まゆみ+プレスラボ)



■関連リンク
【働く女子の実態】結婚する前に、働く女子が彼と決めておきたいこと
【働く女子の実態】働く女子「付き合う=結婚前提」が多数
【知っておきたい!】おどおどしない結婚式・披露宴のマナー

お役立ち情報[PR]