お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

わたしってイタい女?-3

「ではこれより日ごろのご愛顧にお答えして、
『ピットイン』のタイムセールを行います!
お得な栄養ドリンク3本セットを、お1人様2つまで
600円の販売! なくなり次第終了です!」

踏み台の上に乗り、タイムセールの案内を叫びながら、
わたしはまるで、別のことを考えていた。

久城さんって、わたしのこと好きなのかしら?

だってお店のほかの人は苗字で呼ぶのに、
わたしのことだけ、フルネームで呼ぶし。
お店に来ると、わたしばかり見ている気がするし。
話をするときも、必要以上に顔が近い気がするし。 でもそんなの、わたしの勝手な勘違いかもしれない。

 

 

 

 

 

久城さんは懸命に営業しているだけ。
ホントはものすごい勘違いで、
わたしが単にイタい女なだけ、なことも十分ありえる。

確かめてみたいな。けど、お店は忙しいし、
周囲の目が気になって、おちおち話もできない。

あーあ、毎日余裕がなさ過ぎて、
わたし、恋愛センサーが壊れちゃってるな。

お役立ち情報[PR]